剣道のオーダーを変えたら戦力倍増!強い子はここに置いて力を引き出す


▼始めてここを訪れる方はこちらへ。これさえ読めば『てっぺんを目指す剣道』がわかります。

当サイト人気記事ランキング

剣道日本一を目指すと言うのはこんな子でした

▼ジャンル別まとめ記事もおススメ!ジャンルに合ったまとめ記事を手っ取り早く読むことができます。

サイト内の「まとめ」カテゴリを押すとジャンル別まとめ記事に飛べます。

   

カテゴリ、タグをクリックすると、興味のある記事がすぐに検索できます。

タグ検索では、記事がたくさんあるタグは文字が大きくなっています。

剣道の試合は強い子をここに置けば戦力倍増

剣道の団体戦は、オーダー次第で戦力が変わってきます。

特に、ポイントとなる選手をどこに置くか、という部分に監督の力量が現れ、その団の総合力が試されます。

そして、どの選手をどこに置いているかを見ると、その団がどこまで勝ちにこだわり、どのような試合をさせたいのかがわかりますし、その団の監督がこどもの実力をどの程評価しているか、など、強い団の秘密もわかってきます。

注目すべき点を紹介しますので、参考になさってください。

▼団体戦で一番大切な「流れ」とは?

剣道の団体戦で大切なのは「流れ」

先鋒が強ければ試合がコントロールできる

先鋒が強ければ、試合展開がものすごく楽です。

オーソドックスなオーダーでは、大将に一番強い子を置くのですが、管理人なら、先鋒に置きます。そして、そのような団も多く見られます。

先鋒が一本取ってくると、極端に言えば後ろ全員引き分けでも試合に勝てます。

常日頃から「誰かが取ったら無理をせずリードのままでつなぐ」戦略を徹底していれば、先鋒が勝った時点で試合は勝ちが確定したも同然ですので、試合をものすごくコントロールしやすくなります

先鋒がものすごく強い団は、優勝するのが当たり前になるような団になる可能性が高いです。

次鋒が強い団は波に乗れる

オーソドックスなオーダーでは、次鋒はあまり重要視されないからか、初心者や実力的に今一つの子を置いたりしますが、最近はむしろ「逆張り狙い」で次鋒に相当の実力者を置く団が多く見られます。

特に、五人全員が実力者ではなく戦力が揃わないときは、敢えて次鋒に実力者を置いて確実に勝ちを着けるのは、戦略としてとても有効です。

次鋒が勝つと、チームは波に乗れますし、先鋒、次鋒で勝負が決まったりしたら後ろは手堅く引き分けで締められ、しかも余裕を持って戦えます。

全国大会などで、一定の水準以上の団を見ていると、次鋒に実力者を置くのは最近のトレンド(?)のようで、ここで確実に勝ちを着けられる子がいる団は、勝率がものすごく上がります。

勝率の上がり具合は、大将に実力者を持ってくるよりはるかに大きいです。

実力者が中堅にいると手堅い試合ができる

オーダーのど真ん中に実力者を持ってきた場合、そのチームは手堅い試合ができます。

扇の要のように、真ん中の安定感に頼って試合ができるからです。

中堅は大将と同等かそれ以上の実力者を置く団も多くあります。一般的に、チームが平均的に実力が揃っている団では、中堅に実力者を置くと安定感が増し、個人がのびのびと試合ができます。

中堅で勝負をひっくり返したりできる子が理想です。

前2人が負けてきたとき中堅で勢いを盛り返す、あるいは希望をつなぐことができるのが理想で、チームで一番強い子を持ってきてもいいほど重要なポジションでもあります。

副将が強い団はそこで勝負が決まる

小学生の場合、実は大将戦までもつれる試合は滅多とありません。

副将までに勝負が決まってしまう試合がほとんどです。

副将は普通に見たら大将ほどインパクトが無いように見えますが、副将までにほとんどの試合の勝負が決まることを考えると、最も強い子を副将に置くのは全然奇妙なことではありません。

そして、実は、都道府県代表チームを選ぶ場合などで、選手層が比較的揃っている場合では、この「副将」を任せられるという子はかなり試合慣れした戦略眼のある子が選ばれます。

現に、ある中部地方の強豪道場は、常に副将に一番インパクトのある子を置いています

大将はどの団も強い子が来るのが普通なので、勝負の行方を副将に握らせるのは、勝率を高める方法でもあります。

大将はその団の顔である!でも意外と勝負には絡まない

大将が最も強いチームは一般的に選手の粒がそろっている場合が多いです。

しかし、一般的な試合の傾向として、大将までに勝負が決まっている場合が多いので、意外と気楽なこともあります。

もし選手の実力が揃わない場合、初心者を大将に置いたりする「置き大将」「捨て大将」があるのはそういう理由によるものです。

ただし、トーナメントを勝ち上がってくるにしたがって、試合がもつれてきますし、代決勝負になるとやはり、大将の重責を担っている子が出ることがほとんどです。

大将はその団の象徴的存在で、先鋒と並んでインパクトのある選手が多いのは当たり前ですし、「チームの最後の砦」的に精神的柱の役割も背負います。

▼副将の役割とは?

団体戦は「副将」でひっくり返す

 

まとめ

上記で見たように、実はどこに強い子が来る、という鉄則は無く、その団の実力の揃い具合や戦略によって、どの場所に強い子を置いても良いということがわかります。

選手層が揃わない場合、次鋒と副将に最も強い子を置いて、後は引き分け狙いをさせるという戦略も十分あり得ますし、その団がどこまで勝ちにこだわるかによっても変わってきます。

次鋒だから勝ちやすい、大将は必ず強い、といったステレオタイプな見方をせず、どうやったらこのチームの戦力が最大限に引き出されるかを考慮してオーダーを組む、そこが監督の腕の見せ所です。

試合を観戦する際もそういった目で試合を見ると、その団の特色やカラーが見られて面白さも倍増ですし、各団の工夫も見えてきますので是非、注意して見てみてください。

皆様に少しでも楽しんでいただき、参考になる記事を(ほぼ)毎日更新しています。

イラストは自作のものと、プリ画像GMOから引用しました。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

9 − 3 =