剣道で弱者が強者に勝つ!短期間で成果を出す実践方法


 

皆様に剣道について有益な情報と、少しでも楽しんでいただくために、(ほぼ)毎日更新しています。

▼始めてここを訪れる方はこちらへ。これさえ読めば『てっぺんを目指す剣道』がわかります。

当サイト人気記事ランキング

▼ジャンル別まとめ記事もおススメ!ジャンルに合ったまとめ記事を手っ取り早く読むことができます。

サイト内の「まとめ」カテゴリを押すとジャンル別まとめ記事に飛べます。

めての方はこちらもご覧ください→このブログが目指すもの

団体戦の「勝ち方」を知るだけで勝率が大幅アップ!

本日は、剣道の団体戦において、短期間で勝率を大幅アップさせる方法をお伝えします。

実は、市大会や中規模の招待試合であれば、優勝する団体は強さが必要ですが、三位入賞圏ぐらいを狙うならさほど強さは必要ありません

個々に強くなくてもうまくいけば決勝戦にも進めます。実際に、個人戦で入賞するような子が一人いてもいなくても団体戦で入賞するので、周囲は首を傾げて、「なぜあそこがなんとなく勝ち上がるのか」と思っているかも知れません。

今日はそのような「個々に見るとそんなでもないチームが団体戦でなぜか勝ち上がって入賞する」秘密を探ってみます。

剣道の団体戦で「弱者」が勝つメソッド

「戦い方」を変えること

剣道で「強さ」を身に着けるには、長い修練と努力が必要ですが、実は試合で、特に団体戦で勝つには、短期間で成果を出す方法があります。

特に小学生では、強さよりもむしろ「勝てる団体戦の戦い方」を追求すると、表彰台がぐっと近くなります。

子供たちは表彰台に上がることでモチベーションがアップしますし、表彰される喜びは間違いなく剣道の重要な醍醐味の一つですので、そこは堂々と、表彰台に立つことを追い求めていってほしいと思います。

▼普通のチームが優勝できる方法あるの?

普通のチームを優勝させるたった一つの方法

 

剣道の団体戦では「勝つための戦い方」を知っている団がある

勝つための「考え方」は以下の通りです。

・正面から正々堂々、というテンプレを捨てる

・こどもに実力に応じた役割を与えて徹底的に守らせる

この二つが「考え方」の部分。

そして、「実践方法」は以下の通りです。

・一本でもリードしていたら、それ以後前に出て取りに行く必要はないこと教えて徹底させる。もしそれを破って前に出た場合、たとえ二本勝ちしても叱る。

言葉にすると、たったこれだけです。まず考え方を浸透させ、その上で実践させると、勝率が飛躍的に高くなり、小学生のうちは市内の大会ぐらいならまず三位入賞は固いでしょう。

なぜなら、この種の「勝ち方」を取り入れて実践している団が圧倒的に少ないからです。

以下、一つ一つ解説していきます。

▼団体戦には「勝ち方」がある!

団体戦で勝つには強い子はたった一人でいい

剣道の団体戦ではテンプレを捨てる勇気を持て

勝ち方があるのにそれを実践していない団が圧倒的多数なのは、このマインドを取り入れる時点でなかなか踏み切れないからかも知れません。

試合に勝つのに、実は、「正々堂々気持ちのいい試合をする」という要素は、本当に強い子を除いてマイナスな面のほうが多いです。

前に出る時点でお相手が自分より強ければ負ける可能性があっと言う間に高まります。

そこで「実力差があるのに関わらず団体戦を勝ち上がる」という命題がすでに消滅してしまいます

正々堂々を一番に重視すると、弱者が強者に勝つ、というイレギュラーな事態が起きる可能性が無くなってしまう、ということです。

まずこの部分をしっかりこどもに教え、勝つためには勝負に出る必要はないので、じっくり相手を見て、守って、取れるチャンスがあるかどうかを慎重に判断して試合をすることを教えてあげてください。

誰よりも監督自身が、「正直、お前たちは強くないし、実力は足りない。だけども、どうしてもお前たちを勝たせてやりたいし、表彰台に上げてやりたい!」という熱意をもって伝えてあげれば、こどもは必ずそれに応えてくれます。

間合いを開けない、竹刀で受ける、前に出ないなどの弱者ゆえの戦い方を実践することは、卑怯でもなんでもありません。

剣道の団体戦では実力を自覚させてその範囲で戦わせる

団体戦には個々に役割があります。実も蓋もない言い方になってしまいますが、端的に言うと、「強い子には勝ってもらう」「強くない子には負けないでもらうだけでいい」と、個々の実力に応じた役割を与え、その範囲を超えることを禁じれば、勝率が大幅アップします。

ここでもまた、指導者の保護者やこどもに対する遠慮で、「君は強くないので期待してないから、要らんことせんでいいからとりあえず引き分けてくれ」なんてことはよー言わん、と思うかも知れない。

でも、勝利を重視するのなら、ここはどうしても避けて通れません。

団体戦は個人戦ではありません。

チームワークであり、全体の総合力の戦いです。そして、その総合力の中に、「自分の力を正確に把握し、実力の範囲を超えたことを試みることを、全体の勝利のために諦める」忍耐も含まれています。

五人全員花形選手のような戦いをする必要はないし、渋い戦い方をしてくれて引き分けてくれる職人のようなメンバーがどれだけ有難く、どれだけ必要とされるか、少なくとも入賞常連のチームは全員が知っています。

勝てと言われれば難しいけど負けるなと言われれば負けないでくれる選手は、実は花形選手と同様に貴重で得難い戦力であることを教えてあげ、その役割を果たすようい徹底すれば、負けが着かなくなるため勝率が大幅アップします。

▼団体戦で必要なのは?

剣道の団体戦では「作戦」が必要

 

剣道の団体戦こそ「考え方」を踏まえた実践が大切

以上、端的に言うと、「前に出て勝ちたいという自分の欲望を、全体の勝利のために抑える」

「自分の実力を客観的に評価して、それ以外の役割を欲張って担わないようにする」

系の考え方をこどもに浸透させることが、弱者が強者に勝つ第一歩です。

逆から考えると、どんな高度な全国大会ででも、誰かが一本取得してあと守ることができれば、どんどん勝ち進むことができる、ということです。

特に、ローカル試合では、ここまで突き詰めて勝利を得ようと考えている団はまず無いので、こういう考え方を持つだけで、実力以前の部分で大きなアドバンテージを得られます。その延長線上で、強さに頼らない勝ち方によって表彰台の常連になることができます。

全国区の道場では、実力と同じぐらい、このような考え方が浸透しています。

全体に統制の取れた「職業軍人」のような趣で、黒光りするほど個々の自覚が磨かれていて、試合ぶりも勝ちを追求する方向に徹底しています。

ローカルの一般的な団がなんとなく勝ち上がると、最初は周囲から、

あそこはさして強くないのに、いつも表彰台に上がってるなあ~

的にみられるかも知れません。

ところが、表彰台の回数を重ねるにつれ、いつの間にか個々の子供たちも本物の強さを身に着けられるようになっていきます。

場所が人間を作る」ということで、その場所になじんでいくにつれ、その場所にふさわしい剣道をするようになっていくのです。

正々堂々が好みだったり、こどもに対して「前に出るのはほかの子がやるから君は引き分けなさい」という指示を出すのがためらわれる指導者もいるかも知れません。

そこは、指導者や保護者のかたがたの「どうしてもこどもに勝たせてやりたい」「君たちの手に成果を残してやりたい」という熱意があれば、きっと乗り越えられます。

勝つための考え方が浸透し、それが実践できるようになるころ、「表彰台」とはこんなに近くにあったのか!と実感する日が必ず来ます。

その日を楽しみに、壁を乗り越えて行ってください。

皆様に少しでも楽しんでいただき、有益な情報をお伝え出来るよう、(ほぼ)毎日記事を更新しています!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

16 + 20 =