剣道の団体と保護者の関わり方~剣道は保護者の負担が多い?


皆様に剣道について有益な情報と、少しでも楽しんでいただくために、(ほぼ)毎日更新しています。

▼始めてここを訪れる方はこちらへ。これさえ読めば『てっぺんを目指す剣道』がわかります。

当サイト人気記事ランキング

▼ジャンル別まとめ記事もおススメ!ジャンルに合ったまとめ記事を手っ取り早く読むことができます。

サイト内の「まとめ」カテゴリを押すとジャンル別まとめ記事に飛べます。

こどもが剣道を習うと「親の負担」が多いと感じますか?

本日は、剣道を習われているお子さんをお持ちの保護者のかたがたの役割についてです。

その中でも、「当番」「試合当番」「各種役員」「保護者会」などの出席や負担など、実際に剣道は他の競技より親の負担が大きいのでしょうか?

実は、「各道場や教室において、負担はさまざまであり、その道場に応じて必要な仕事が増える」というのが本当のところだと思います。

実際にどれぐらい負担があるのか、各教室で比べた上で、「負担が多いと感じるかどうか」をもう一度ご自分の心に問いかけてみてください。

剣道におけるある道場の保護者の役割と負担

一般的に、自分が所属している道場の保護者の負担はどのくらいあるのでしょうか。

比べてみて、ご自分の教室の保護者の負担が多いかどうか判断してください。

以下、実際に行われている保護者の業務を列挙します。(ここでは送迎や試合観戦、申し合わせ試合の手配などは含めません)

教室A

〇役員の数~会長1名、試合担当2名、稽古担当2名、イベント担当1名、会計2名、試合当番1チームにつき2名、稽古当番1名、

〇業務内容

会長 団の連絡網の管理、団のホームページの管理、月一回の役員会の手配全般、連絡事項を週に一回程度、各役員間の調整

試合担当 オーダーの確認とオーダー表作成、主催者との連絡全般、各個人への連絡と試合後に上がってくる資料の整理

稽古担当 毎日ある稽古の会場手配、団員と後援会員の名簿作成と出席記録の管理、団員届け、入団届、スポ少登録、保険登録、道連加盟届などの書類提出業務全般

イベント担当 お花見、月見、蛍狩り、初稽古などのレクレーション手配(弁当やお汁粉、おやつ、ビンゴの景品などの準備もする)

会計 1名は試合に行く際の団バスの運用費、交通費、出場する際のお金の送金、参加者の試合参加費などを担当。

もう1名は日常の月謝や団費、後援会からの後援会費の徴収や稽古場が有料の場合の会場費、新入団員に配る竹刀や道具を購入、竹刀の販売、レクレーションの買い出し会計処理など日常的な金銭管理。

試合当番 ほぼ毎週、土日ともある試合で当日の金銭管理、トーナメント表をグループラインにアップ、試合が終わるごとにまたグループラインにアップして状況を共有。

先生へのお茶・お弁当出し、当日のトーナメント立ち上がり表をすべて書き写す、スコア付け、試合のビデオ撮影など

稽古当番 稽古会場の鍵の開閉、名簿の記入、先生のお茶を休憩ごとに入れる、タイムを取りなど。

そのほか、優勝した際のビデオをDVDに焼く係、試合の立ち上がり表の清書と書類整理係、ビデオデッキの充電係、試合ごとのライン連絡係、先生のお茶やお弁当の買い出し係もあり、手の空いている保護者全員で回します。

以上が、役員や当番の主な業務です。細かい業務を入れたらまだまだあると思うけどこれくらいで。

教室B

役員2名。会長と会計一人ずつ。

会長 試合のオーダー表作成とお金の管理、先生と保護者の連絡、年に二四回ある総会への出席や駐車場係を受け持つ

会計 月謝の徴収、名簿の作成と管理、試合毎の謝礼の支払いや物品の準備、合宿の買い出しやレクレーションのおやつなどの買い出し、忘年会や歓迎会の手配

稽古当番 稽古の名簿と内容の記載、夏場のみ稽古終了後の先生のお茶の準備、タイム取り

以上です。試合は二か月に一回のペースです。

「剣道で刃保護者の負担が多い」というのは個人の主観に依る

教室Aと教室Bを列挙して見て感じることは、「保護者の負担が多い」というのは各個人の主観に過ぎない、ということです。それは、

✖剣道の保護者は負担が多い

〇「わたし」は負担が多いと「感じる

ということです。

教室Bでも役員は負担に感じていますし、役員が嫌でこどもの剣道そのものをやめさせることもあるでしょう。

そして、剣道だけではなく、野球やサッカーでも、炎天下の中でのお茶の準備や大人数ゆえの試合当番の大変さ、場所取りやテント張り、ベンチの運搬など、剣道少年の保護者にはうかがい知れない大変さがあると思います。

▼試合会場の席取りとか、ほんと大変です。

試合会場の席取りは保護者のマナーが試される

剣道の役員の仕事や保護者会は何のためにある?

保護者に一切負担をかけません、と指導者が明言し、一切の手続き系を指導者が受け持つという剣道教室も聞いたことがありますが、それはむしろものすごい例外的なものだと思います。

例として挙げた教室Aと教室Bは実在する道場を元に書きました。そして、大変だ、というのは保護者の主観に依るということも書きました。

ここで視点を変えて、役員や保護者会は何のためにあるのでしょうか

指導者のため 指導者は、ボランティアで剣道を教えてくださっています。その指導者に雑務まですべて押し付けて、保護者は高見の見物というのは、普通にアカンと思いますよね。

こどものため こどもが一生懸命頑張っているのを応援したい、できるだけ快適な環境で稽古をさせ、レクレーションで楽しみを増やしたり、のびのび試合に集中させてあげたい、と思って作った制度です。

各教室や道場のレベルに合わせて、毎週遠征に行くようなチームにはそれなりの、二月に一度試合に出るチームにはそれ相応の役割があり、こどもが快適に稽古し試合ができるように自然に発生してくる仕事を、みんなでこなすのが役員の業務です。

③自分(保護者本人)のため 

管理人は、特に、③の自分(保護者本人)のため、というところを、別章で取り上げます。

剣道の役は自分と自分のこどものためにするものです

役にしても、負担にしても、すべて「自分の役割を少しでも減らすため」「自分の役割を減らしつつ自分のこどもが最大限利益を受けられるため」にこなすものです。

当番で回すのが一番効率がよく、自分の負担そのものが減る!から、役員と当番があるのです。

自分は楽をしつつこどもに利益を受けさせようと思ったら、役や当番を順番に回すしかありません。

そうすれば、毎回自分がしていたことを他の誰かがやってくれることのほうが多くなり、自分の負担は確実に減ります。

それでももし嫌であれば、

・試合に行くのを最初から辞退する

・レクレーション一切に参加しませんと宣言する

等があり、最も現実的な手段としては、

保護者の負担が大きい試合や行事そのものを団に減らしたり辞めさせるよう働きかける

という手もあります。

人にも迷惑をかけず、周囲にも納得してもらうなら、「試合や行事を減らすよう働きかける」が一番現実的で、実現する可能性が高いでしょう。

嫌なものを嫌、と表明し、改革していく権利は誰にでもあります。

確かに、過剰な保護者の負担はマイナスになる面もあります。そこは。自分の人間力を使って団なり指導者に掛け合ってみるのも一つの方法です。

最終手段としては、保護者の負担が少ない団に移籍する、という手もあります。

▼てっぺんを目指す場合の親に必要なもの

必要なのは「親の覚悟」

負担が喜びに変わることもある

これも主観だけど
 
負担に思う人は、「大変な思いをする割に受け取る利益が少ない」と感じているからかも知れません。つまり、「損」してる感じがするのでしょう。
 
管理人も、ある町内会の地域の役を引き受けたとき、「やってることの大変さのわりに全然こどものためにも自分のためにも、地域のためにもなってないな」と虚しくなるときがありました。
 
 
二年後には、その団体そのものが消滅したので、大多数が「これは存続しても意味がないな」と思っていたらしいです。
 
 
一方で、何かを差し出した見返りとして受け取るものは、こどもの成長です。こどもがのびのびと剣道をし、試合で活躍をするなら、親が何を差し出してもいい、と思っている人も一定数存在します。
 
こどもが上達する喜び、試合に勝つ喜び、剣道からたくさんのものを受け取る喜び、それらを得るために労力を差し出すことは、全然苦にならないしむしろ進んでやるということです。
 
 
 
これも主観になるのですが、上記に例として挙げたA道場の保護者は全員、大変だけどしっかりやろう、これもこどものため、と思って業務をしています。当然すべてボランティアです。
 
 
ちなみに、A道場は、県はおろか道連で何度か全国優勝を成し遂げているところです。こどもたちは保護者の無償の労力を吸い取りつつ、日々稽古に励み、毎週試合に行き、活躍しながら成長しています。
 
皆様に剣道について有益な情報と、少しでも楽しんでいただくために、(ほぼ)毎日更新しています。
 
 


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

19 − 16 =