剣道の団体戦で勝つところって何が違うの?強い子は一人だけでいい


みなさんこんにちは!剣道愛好家ごまちゃんです。
今回は、剣道の団体戦で勝つチームを探求します。

アイドル剣士こはるです。団体戦は不思議です。ものすごく強い子が揃っている、ていうわけでもないのに優勝したり、いつも入賞圏内に入ってる団がありますよね。

イケメン剣士JHOです。こはるさんのおっしゃるのと反対に、「県の個人戦優勝、三位といった子が複数いるのになぜか勝てないチーム」もありますよね・・・

熱血保護者りゅうかです!いつも不思議に思ったりします。なんであの団はいつも上位に昇っているのだろう?って。

団体戦で勝つ要素は個人戦と違い複雑に絡み合っているので、『勝てる秘密』を探っていきましょう。


▼始めてここを訪れる方はこちらへ。これさえ読めば『てっぺんを目指す剣道』がわかります。

当サイト人気記事ランキング

▼ジャンル別まとめ記事もおススメ!ジャンルに合ったまとめ記事を手っ取り早く読むことができます。

サイト内の「まとめ」カテゴリを押すとジャンル別まとめ記事に飛べます。

団体戦で勝つ団の違い①強い子は一人だけでいい

いきなり結論から述べてしまいます。

団体戦で勝つには、強い子は一人いれば十分です。

この言葉の意味が分かる人はすでに団体戦の勝ち方を知っている人です。

強い子は一人だけ、その強さの度合いは、「たとえ決勝でも、大将勝負、代決勝負でもまず負けない」レベルであることが望ましいです。

できれば、もう一人でも勝てる子がいることが理想ですが、全国にいくつもない強豪団でない限り、世の中そんなに戦力の潤沢な団がそうそうあるとは思えません。

団の中で一人でも、「まず勝てるこども」がいる場合、たとえそのほかのこどもが平均的でも、常に負けるこどもが一人いても、その団はなんとなく勝ち上がって入賞までたどり着いたりします。

本日はこの「一人強いこどもがいれば団体戦で勝てる」という秘密を探っていきたいと思います。

どんな団でも、水準からはるかに飛びぬけた強いこどもが生まれる可能性がありますよね・・・。同じ稽古しているのに不思議です。

これは、ときどき話に聞く「パレートの法則」でしょうか。

逆に言うと、団運営としては、「たった一人でもものすごく強い子を生み出すことは可能」ですし、そこを目標にしてもいい、ということですね。

こういうことを言うと、「平等を偏愛する人々」に非難されるかも知れませんが、団の運営としては「一人でもずば抜けたこどもを作る」ことは、勝率アップの面から見ても理に叶っています。

▼パレートの法則参考記事

https://blog.kairosmarketing.net/marketing-strategy/how-to-leverage-pareto-law-into-marketing-activities/

リンクさせてもらいました。

団体戦で勝つ団の違い②あとは引き分ければいい

強いこどもが一人いればいい、というのは、あとのこどもは引き分けたら良く、無理して前に出て一本取る必要が無い、と言うことです。

剣道の「一本」は非常に難度が高く、自分より格上に対して一本をもぎ取ることはまず無理でしょう。

それに対して「引き分けること」は実は、コツさえつかめば比較的容易です。

極端に聞こえるかも知れませんが、

勝負はすべて強いこどもに任せて、後は全員無理をせず引き分けに徹する!

という戦略が成り立ちます。

これは、セコイやり方に見えるかも知れませんが、実は

▼全国大会の決勝もこれをよく見かけます。下の記事に詳しく書かれています。

普通のチームを優勝させるたった一つの方法

確かに、一人絶対勝てるこどもがいたら、そのほかのこどもは「〇〇君に繋ごう!」「○○君ならなんとかしてくれるだろう」と必死で踏ん張れます。

大将に絶対的なこどもが居る場合、その団の強さが二倍、三倍にも感じられることは確かによく見かけました。

そういう「絶対的なこどもがいる」ということそのものが、そもそも凄いことなんですよね。

全国大会の決勝でもよくある展開ですが、実は、「絶対的なこども」がいること、「残りのこどもたちが引き分けられること」というのが実は、なかなかできることではないのです。

団体戦で勝つ団の違い④花形選手を育てる土壌

このサイトでも何度か取り上げましたが、昨今、「モンスターペアレント」的な人が増えている傾向にあります。

先生や目上、指導者の権威が薄れ、体罰だのと騒がれることに委縮した指導者層は常に保護者に気を使うような状況です。

そこに、保護者が「どんなこどもでも平等な扱い」を要求・・・~みんなが主役の劇、みんなが一番のかけっこのような~・・・した場合、花形選手を育成することは難しいかも知れません。

絶対的な強さを持つ子を育てようと思ったら、ある程度他のこどもより多くの目をかけ、機会を与え、大将を張らせたり練成会に単独参加させてあげるなどの配慮が必要です。

そういうことをしたら、平等を求める保護者がいらした場合かなり風圧を感じることと思いますが、そこを押し切る人望や信頼を勝ち得ているかどうかが問われることとなります。

みんなで一緒に上手になる、という言葉は非常に優しく美しく聞こえますが、一人一人実力が性格が違う以上、扱いも変わってくるのが当たり前、と団の構成員が納得できるかどうか、ですね。

アイドル界では、センターで歌えるかどうかなんて実力で決まるから、誰からも苦情はでませんけど・・・

一般的な小学生の団だと、そこまで勝ちを求めていないことが多く、保護者もみんなで和気藹々を求めて花形選手の存在を許すところは少ないかも知れません。

団体戦で勝つ団の違い⑤自分を客観視させること

「花形選手を育成する」以上に難しいのがコチラかも知れません。

例えば、誰かが「あなたのこどもさんはあまり強くないので、無理して前に出ず引き分けなさい」的なことを言うとして、それをすんなり受け入れられるでしょうか。

逆に、あなたが誰かよそのお子さんに、「あなたは強くないんだから、余計なことせず引き分けてね」的なことを言えるでしょうか?

剣道を教えている指導者は、こどもにはみんなに精一杯戦って欲しいし、実力を出し切って欲しいでしょう。引き分け狙いみたいなことをして、そのこどもがのびのび試合をすることを禁止してしまうようなことはしたくないでしょう。

そこを敢えて、

チームの勝利のために、自分の実力や分を弁えて引き分けに徹しろ

みたいなことを言える指導者が、世の中にはそうそういないと思います。

指導者がそんなことを言って、もし保護者の中にモンスター的な人がいたとしたら、

一発で教育委員会行きの事案

になってしまうかも知れません。

差別であるとか、こどもが傷ついて剣道はおろか学校にも行けなくなったなどと言われる可能性さえあります。

このような点から、

強い子が一人いて、あとは引き分けられるチームは世の中にものすごく少なく少ないからこそ選手の平均値はそんなに高くなくても、そういうチームが優勝するのです。

次の記事には「度を越した平等を求める保護者」に困らされる指導者のことが書いてあります。

モンスター保護者~平等な扱いを要求する

確かに、花形選手を育成するのも、引き分けに徹する兵隊を作るのも難しいご時世かも知れませんね・・・

最終的には、その団がどこまで「勝ち」を求めているのかに拠るのでしょう。そんなことまでして勝ちたいくない、と思われたら、「一人勝ってあとは引き分け」のような勝利の方程式は最初から成り立ちません。

まとめ

全国大会優勝とかはともかく、市内や県大会ならば、

一人勝ってあとは全員引き分け(もちろん勝てるこどもには勝ちを取りに行ったらいいけども)

を徹底すれば、短期間で入賞常連の団になれます。

「あんまり強い子が揃っているわけでは無いのに、なぜかいつも表彰台登ってる」団の秘訣は、このようなことにあるのかも知れませんので、観察してみてください。

 

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!

ご意見、ご感想をお待ちしています。。こんなことが知りたい、というようなことでもOKです。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

16 + eight =