剣道で「合気」になれるこどもはこんな試合をする


こんにちは!剣道愛好家ごまちゃんです。今回は、良く聞かれる剣道の「合気」について、小学生にも理解できるよう説明していきたいと思います。

熱血保護者りゅうかです!わたし大学時代合気道やってたんですよ、下手っぴいでしたけど・・・合気道とも関係あるんでしょうか?

アイドル剣士こはるです。稽古中にもよく「合気になれ」て先生に言われて、よくわかりませんでした(汗)

イケメン剣士JHOです。「合気」ほど説明しにくく、また大切な要素はありません。剣道の上達を志す人には絶対必要ですし、かといって、言葉で説明をしてもなかなかわかってもらえなくてもどかしいこともあります。

「合気」は本当に大切です。最初はよくわからなくても、だんだんわかってくるかも知れないので、お付き合いください。

初めてこのサイトに来られた方は、下記の記事がおススメです。これだけでこのサイトのすべてがわかります!
当サイト人気記事ランキング

「まとめ」カテゴリもおススメです。いろんなまとめ記事を掲載していますので、まとめカテゴリで息抜きしてください。

「合気」になれるこどもは強い

この記事の結論をいきなり述べてしまいます。

「合気」になれるこどもは強いです。

こどもに限らず、中学生、高校生でも強いです。

「合気になれる子」は、見た目ものすごく強く見えないことがあります。

例えばかなり格下と試合をしたとして、「お相手よりも少し上回るかな?」というレベルまで降りて行って試合をしたりします。

実は、この点に、「合気になれるこども」の凄さが潜んでいます。

地域で一番勝っているこどもがいるのですが、その子、ぱっと見あんまり強く見えないんですよね・・・

そして試合をしてみると、いつの間にか勝ち上がって優勝したりする?

「あんまり強そうに見えない」「でもいつの間にか勝ち上がって優勝する」というのが、典型的な「合気による勝ち方」です。びっくりするようなスピードもパワーも無いのでしょうけど、「合気」があると、スピードやパワーを上回る強さを発揮できるのです。

下記の記事では、「合気」について基礎的な部分をわかりやすく述べています。ぜひ参考にしてください。

合気って何?どうやったら習得できる?

初心者と試合がやりにくい理由

「合気」は言葉ではなかなか説明しにくいのですが、「合気でない」状態は、見てすぐにわかるし、説明もしやすいです。

子供同士の試合で、初心者と入賞常連のようなこどもが試合をしていることがあります。

そして、「入賞者側が圧勝だろう」と思いつつ見ても、

意外と苦戦しているように見えることがあります。

そのほかにも、県で一番強い男子が、入賞したことの無い女子に敗れるシーンがあったりしますが、それも同じ要因です。

初心者は、お相手のことを構っていず、一人で試合をしています。

ひたすら教えられた打突を繰り返し、まったくのマイペースで前に出て、「機を捉える」も「合気」も「相手との駆け引き」もなくひたすら打ち続けます。

つまり、経験者にとって、スピードが違ってタイミングを合わせにくいだけでなく、そもそも初心者は「合気」とは程遠い世界に住んでいる人々なので、ものすごくやりにくいのです。

女子と男子でも全く波長が違い、合気になりにくかったりします。

成人男性でも「女性剣士が苦手」というかたも良く聞きますし、女性剣士が「男性剣士には良く勝ちます」と言われるのも、お互いに「合気になりにくく、女性側のほうがマイペースで試合ができる」ことによるものです。

こういったことに、「合気とは何か」がのヒントが隠れています。

俺、実はものすごく女性剣士が苦手です。パワーとスピードで押し切ろうとするんですが、のらりくらり躱されたりするので・・・

わたしは、実はガンガン来る男性得意です。男性は勝手に焦って自滅していく感じですね~

スピードやパワー、タイミングとは違う要素の「合気」の謎を、次の章でもさらに探っていきます。

気を合わせる剣道は時間が経つにつれ有利になる

これも、しょっちゅう見かけるシーンです。

試合中、片方がスピードやパワーに勝り、どんどん前に出て試合をしていて、「すぐ勝負がつくだろう」と見ていると、

試合中盤になってだんだん形勢が逆転し、「負けるだろう」と思っていた側が勝ったりします。

時間が進むにつれ、形勢が逆転するのも、「合気」に拠ることが多いです。

見るからに強そうで、リードしていそうな側がどんどん追い詰められていくのは、先に挙げた対初心者に苦戦することや、「どう見ても強い側の男子が、普通の女子に負ける」のと同じ原因です。

こちらが気を合わせようとしても相手が合わせてくれない場合、「気を発している側」が不利になってしまうことがあります。

気を発する?なんだか難しくなってきました・・・

こういうことを言うと、オカルトチックに感じてしまって聞いてくれなくなったりするんですよね、そこがもどかしい。

オカルトでもなんでもないんですけどね、他に説明しようがないのです。

剣道では、お相手の「気」を「受け取ることのできる」側が結局勝つ

こういう説明で苦心するのは、どうしても「気」というような、一見科学的でないものを扱わないとならないからですが、それでも避けて通れません。

「合気になる」とは、お相手の「打ちに行くぞ」「攻撃するぞ」という「気」を受け取って初めて成り立ちます。

気を受け取って、どんどん試合の冴えを増していくタイプは、間違いなく「合気とは何か」を知っているこどもです。

頼りなさそうな女性が屈強な男性に勝てるのも、お相手から「気」をもらって自分のものにできるからです。

(女性はもともと、男性に比べて「気を受け取ることが上手」であることも、有利に働きます〉

男の子同士の試合でも、バーンと前に出て瞬殺するタイプは、早いうちに試合を決めておかないと、時間が経つにつれ不利になっていきます。こういうタイプは、「合気」に拠らず、勢いやスピードに頼る場合が多いからです

合気による試合展開は、「気を受け取る側が勝つ」ということだけを、とりあえず覚えておいてください。

まとめ

今回はとりあえず、「合気に拠る試合展開」に的を絞りました。

〇経験者は初心者とやりにくいのは、「合気が成り立たない」から

〇一見強く見えない側が、時間が経つにつれ有利になって最終的に勝つ

〇屈強な男子が小柄な女子に負ける

〇強くなさそうなこどもがいつも勝ち上がり、優勝したりする

などです。

※体が大きくてパワーがある場合は見逃されますが、常に優勝しているような男の子の場合、パワーだけに頼っているのではなく、合気も必ず持ち合わせています。

取り合えずは試合を見る時、

気を発している側

気を受け止めている側

がどちらかを見て、試合展開を観察してください。

そうすれば、だんだん「気の動き」が見えるようになってきます。

審判の先生がたは、この「気の流れ」を察知されつつ、審判をされています。

皆さんに少しでもお役に立ち、楽しんでいただけるよう、(ほぼ)毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像、たまに自作を使用しています。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

seventeen − 4 =