剣道大好き!剣道を愛する人々へ・これだけは知っておいて欲しいこと4連発


みなさんこんにちは!剣道愛好家ごまちゃんです♡
当サイトも掲載記事100記事を超えたため、皆様にわかりやすいまとめ記事を特集して組んでいます。

100記事総括もグランドフィナーレを迎えました!最後に、剣道を愛する管理人からの「これだけは知っておいてほしい5連発」をお送りいたします。

ここの管理人さんはお会いしたことないけど、いったいどんな人?

若いころは、「宮沢りえ」似だと言われたり(一度だけ)、「坂本冬美」似だと言われたりしたらしい(何べんも)←これガチ。

宮沢りえと坂本冬美って全然似てないけど?


▼始めてここを訪れる方はこの二記事へ。サイトのすべてがわかります。

てっぺんを目指す剣道ベスト記事ランキング

「剣道日本一になる」というこどもはこんな子でした

▼ジャンル別まとめ記事もおススメ!ジャンルに合ったまとめ記事を手っ取り早く読むことができます。

サイト内の「まとめ」カテゴリを押すとジャンル別まとめ記事に飛べます。

 

剣道大好き!剣道を愛する人々へ①頭も良くなる剣道

管理人は剣道が好きな理由はコレ。剣道している人はたぶん頭も良い。

少なくとも子供たちはみんな良い子で素直で優しい。

剣道を始めたら劇的に勉強ができるようになった

剣道している人にもいろいろな人がいるでしょうが、総体的に成績も良いこどもが多いのは、正直なところです。

剣道部の男女は仲が良かったですよ!宿題もちゃんとしてたし勉強もしてました。

歴代の全日本剣道連盟の会長は、東大卒の人ばかりと聞きました。

やはり、文武両道が理想ですね!

これだけは知っておきたいこと

さて続いてはコチラ。

管理人は、特定の国に憎悪を向けるようなことはしません。

ただ、日本が守り育てた伝統である剣道を「自分のものだ」と厚かましく主張する人々には、嫌悪感を持っています。いろいろと調べていると、こういう理由があることがわかりました。

これは剣道を愛するすべての人に認識してもらいたい物事です。

剣道は韓国期限?乗っ取られてからでは遅いです

ひとつだけ覚えておかなければならないことは、日本人は、外からの横やりや横暴に非常に鈍感である、ということです。

これは、さすがにちょっと・・・韓国はプライドが無いんでしょうか?

韓国が剣道を「自分の国の国技」としてオリンピックに申請したという事実、こういうことが平気でなされ、もしそれがテコンドーのように認知されれば、どうなっていたでしょうか?一人一人がそのことについて、ほんの少しでも考えてみて欲しいな、と思ってこの記事を上げました。

剣道の国際化について

これまた、剣道を取り巻く環境についてです

わたしたちが愛する剣道がもしオリンピック種目になったらどうなるか、少なくとも、今と同じような剣道の姿はきっと残すことができません。

剣道はオリンピック種目にならないほうがいい理由

2020年はいよいよ東京オリンピックですね!

剣道をオリンピック種目に、という意見もあるようです。

いろんな意見はあると思いますが、少なくともかなり慎重に行うべきです。剣道には世界選手権があるのだから、それで十分だとも思います。

剣道はかっこいい

こちらは、剣道人口を増やす方法についてです

日本人は、自分たちの持っているものの価値を知りません。

自分たちが持っているものに世界がどれだけ希少価値を見出し憧れを抱かれているか、再認識してほしいな、と思っています。

剣道はかっこいい!剣道人口を増やす方法三つ

世界にはいろんな国があり、その国独特の文化を大切に育てていく、それが真の多様性です。日本人は実は、古いものを大切に保存し大事にする遺伝子を持っています。これは貴重な遺伝子です。

そんな遺伝子の産物が「剣道」なんですよね!

今、学校で「武道」が必修になりました。終戦直後、GHQが武道禁止令を出して武道の道が途切れてしまいましたが、日本人の遺伝子に深く刻まれた遺伝子は、外部からの一時的な圧力では消し去ることができません。
これからも、剣道を愛することで大事な文化を継承していきましょう!

まとめ

『てっぺんを目指す剣道』で、「剣道を愛する人へ・知っておいて欲しいこと」5連発、いかがでしたでしょうか?

剣道を取り巻く国際的な環境や、罠、変化などいろいろ取り上げました。

ちょっと堅苦しかったり、とっつきにくい問題もあるとは思いますが、ぜひとも一度考えて、剣道を守り育てていくことに参加していってください。

 

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!

ご意見、ご感想をお待ちしています。。こんなことが知りたい、というようなことでもOKです。管理人さんが泣いて喜びます!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

2 × 1 =