少年剣道で下の子のほうが上達が早い~見えてくる「鉄板の剣道上達法」


みなさんこんにちは!剣道愛好家ごまちゃんです。
今回の話題は、「兄弟で剣道をしていて、なぜか下の子のほうが上達が早い」のはひょっとして皆さん気づいているかも知れません。ごくたまに例外はありますが、たいてい下の子のほうが上達が早く強くなります。

イケメン剣士JHOです。
「悩み」というほどではないのですが、弟ばかり、妹ばかり上達していくのを見てヤキモキする家庭もあるかと思います。どうしてだろう、と。

アイドル剣士こはるです。わたしはともかく、うちの弟は本当に強いですよ。インターハイ個人県代表も取りました。

今回は、親として「どんどん実力差が開いていく兄弟」から見る「鉄板の剣道上達法」を探っていきたいと思います。


↓初めてこのサイトに来られたかたはこちらへ。

てっぺんを目指す剣道ベスト記事

日本一を目指すというこどもはこんな子供でした

剣道における兄弟間の実力差

結論から言うと、兄弟の下に行けばいくほど上達が早く活躍する傾向にあります。

親としては、同じように上達してほしいと願うけど、どうしても兄弟間の実力に差が開いてしまうことってありますよね。

悩みとしてはそんなに深刻な悩みではないかも知れませんが、兄弟で剣道をされている家庭はみんな多少はこの「兄弟間格差」に悩まされているかも知れません。

それでも、そんな悩みから「剣道の上達法」を抽出することができます。

気づいてみれば当たり前のことでも、これに気づくと上達が早まるので実践してみてください。

できれば同じように活躍してほしい・・・兄弟間で差が広がりすぎると対応しにくいし。でも、たいてい下の子のほうが凄いんだよね。

下の子の上達が早いのは「上の子を見ているから」

これは、世の剣道一家のかたみんな感じていることだと思います。いきなり結論から言うと、下の子は、上の子の剣道を幼いころから見ていて、看取り稽古がしっかりできていること、

結局、たくさん剣道を見ていること、看取り稽古の総量が物を言う

ということです。

上に強いこどもがいる下の兄弟が例外なく強くなるのは、結局、兄のやっている剣道に身近に触れ、試合を見て、応用実践している、その総量があるので上達が早いのです。

ここから、

剣道の「見取り稽古」はそのまま実力に反映することがわかりますし、「試合の場数が多い」「上質のものを見せ続ける」ことがこどもの剣道に何よりも刺激を与えて上達させる

ということがわかります。

▼こちらはこのサイトの不動の人気記事です。
強くなるこどもには必ずこのような保護者がいます。

こどもの剣道が強くなる保護者の特徴

「見取り稽古」なら未経験の親でもできます

幼いころから上質な剣道をたくさん見ているこどもは上達が早い。

それが証拠に、剣道している兄弟がいると、下に行けばいくほど実力が増す、という現象。

こちらは、実は、保護者にも応用できます。

保護者がたとえ剣道未経験でも、保護者自身が目を肥やすことによってこどもに無言の伝達が成される、ということです。

理想的には、両親が剣道経験者で、国体出場レベルであることが望ましい。

しかし、未経験の親にもチャンスはあります。

たくさんの試合を見て、潜在意識にどんどん情報を放り込む。こどもを連れて試合を見に行く。こどもの試合は欠かさず見て、決勝戦まで残る。

など、親ができることがあります。

未経験の親だからと言って遠慮することはありません。

兄弟間の実力格差があって対応に苦慮する、というその一歩先を見て、「たくさん高度な試合を見ていれば上達に直結する」ということに気づけば自然に「上達法」がわかってきます。

▼「表彰式」で強くなる!

一人でもできる上達法~表彰式で強くなる!

下の子が強くなるのを見て、上の子にも刺激になる

親としては兄弟同じように活躍してほしいのですが、どうしても下の子が抜きんでるのは「見ている情報量」が違うからです。

見取り稽古の大切さが、そのまま実力に現れます。

そして、下の子が強くなることは、上の子にも良い影響を及ぼします。

弟や妹が頑張ることで、負けていられないぞ、という風になるのが最もよい形です。

兄や姉に変に気を使うのではなく、起きた現象をそのまま受け入れて自然に切磋琢磨させるのが最もよい形です。

▼こちらは団のレベルがわかってしまう恐い話です

剣道保護者の試合の応援態度でわかるもの

まとめ

〇兄弟姉妹で「下の子」が上達が早く活躍するワケ

〇結局「どれだけ見取り稽古をして情報に触れているか」が上達のカギ

〇未経験保護者でもたくさん剣道を見て高度なものに触れることでこどもの上達に貢献できる

〇下の子が上達することで上の子にも刺激が行くように導くのが理想

兄弟そろって切磋琢磨できるよう、親としてできることを精いっぱいしてあげることで、こどもの剣道に貢献できます。

 

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

20 + fifteen =