剣道で「仲間」を思う気持ち~移籍する前に親が考えること


みなさんこんにちは!剣道愛好家ごまちゃんです。
主に小学生の保護者の皆さんに向けて、「試合で勝つ」「強くなる」ことを話題に挙げています。
今回は、少し違う方向から剣道を捉えてみたいと思います。こどもがもっと剣道を頑張りたい、と思うさい、「仲間を大切にする」という気持ちが剣道にはとても大切です。親はこどもの剣道にばかり関心を向けがちですが、実は一緒に頑張る仲間を得ることのほうが将来的に財産になります。

イケメン剣士JHOです。たとえば、強さを求めるあまり移籍ジプシーになって有名道場間を転々とする、というこどもも昨今それほど珍しくありません。
でも、それは本当にこどものためになるのでしょうか?こどもが本当にそれを望んでいるのでしょうか?

こどもは同士の絆は、保護者には計り知れないものがありますからね。

そういえば、何度も移籍してたこどもが最終的に当時県内最強だったうちに入ってきて、誰とも仲良くなれずに卒団したあとも音沙汰がない子がいたなあ・・・あの子どうしてるんだろう・・・

▼当サイトで一番人気のあるカテゴリは以下の二つです!

当サイト「強くなる」カテゴリ記事

当サイト保護者カテゴリ


↓初めてこのサイトに来られたかたはこちらへ。

てっぺんを目指す剣道ベスト記事

日本一を目指すというこどもはこんな子供でした

こども目線と大人目線が最もズレてしまう場所は?

いきなり結論からいきます。

大人は、こどもの剣道の実力が上がって、もっと試合に勝てるようになってほしい、強くなってほしい、と願う。

でもこどもは、強くなること以上に、仲間と一緒に頑張るのが楽しくて、稽古終わってからバカ話をしたりするのが楽しくて、お互いの顔を見て安心したり心を通わせ合っている、

のです。

実際に剣道をしていて、こどもは仲間と一緒にキツイ稽古を乗り越えているからこそ、一緒に試合に出て勝ち上がるのが嬉しいし、みんなで喜び合える時間が大切に思っています。

もし、こどもの実力がここではもったいない、移籍をさせたい、と思うことがあったとしても、

こどもが仲間とどのような絆を保ってきているかに少し心を砕いてあげてください。

仲間より戦績のほうが大切。

勝つためには仲間とか思いやっている場合ではない、さっさと移籍したほうが身のため

といったふうに、親とこどもの気持ちがずれてしまうと、こどもがかわいそうです。

実は、この辺りのズレがこどもの気持ちを傷つけている可能性があります。

移籍はタブーというより、先生やこどもの同士で育んだ人間関係、絆がガタガタになる、という側面があるのが大きいのかもしれません。戦績だけ言うのなら、市内で最も強いこどもを五人集めて試合に出せば、どこに行っても勝てるチームが作れるけど、普通はそうはしないですよね。

▼移籍関連の記事で一番人気はコチラ

保護者がこどもを移籍させるメリットとデメリット

最終的な財産は「人との繋がり」

これは指導者の先生がたはご存じです。剣道は剣道そのものの魅力プラス、剣道を通じての人との繋がりが財産になります。

保護者は今現時点でのこどもの戦績ばかりに目が向きがちですが、長期的な目で見ると、人との繋がりのほうがその子にとってもかけがえのないものになる。

戦績だけで剣道を見ていると、日本一になれるこどもしか剣道には魅力が無い、ということになってしまいます。

もちろん、剣道をやるからにはてっぺんを目指すべきだし、強くなり、試合に勝つのも目標にするべきです。

でも実は、そういうモチベーションも、

仲間と一緒に高みを目指したい!

仲間を○○に連れていってあげたい!

仲間と喜びを分かち合いたい!

と思う気持ちがあるからこそ強くなりたいと思えるのであって、それらを抜きに戦績を求め強くなることを求めると、手元には何も残らない可能性さえあります。

なぜなら、戦績は常に移ろいゆくものですし、チームを組むのも「信頼関係」が基礎になります。

こどもには一切のごまかしはききません。

そして、子供時代に刻まれた人間関係と言うものは、実は生涯に渡ってそのこどもの人間関係を築く上での基礎になります。

その大切な少年時代に剣道と移籍を繰り返していくような利己的なふるまいを繰り返していくのはおススメできません。

▼移籍ジプシーについて別の角度から見た利害関係についてはコチラ

「移籍マニア」がこどもに背負わせるもの

基本的に、このサイトの管理人さんの立場は、移籍を「タブー視することには反対」ということです。こどもの実力に見合った移籍は受け入れてあげて欲しいのですが、動機があまりにも「自分のこどもの戦績のため」オンリーだと、こどもに不利益を被せてしまいます。

▼移籍に揉め事はつきもの!?

無断移籍になるほど揉めた場合

仲間の存在が個人を支え、剣道人生を彩る

管理人個人としては、剣道界の移籍にまつわるもめごとはしょっちゅう耳にしていても、もっとオープンに移籍するべきだとも思います。

人が言うほど移籍が悪いことだとも思いませんし、先生同士、もっとこどものことを考えて、自分の指導方針に見合ったこどもをお互いに斡旋し合ったりしてもいいのでは、とさえ思います。

かといって、剣道仲間を弊履のごとく捨てつつ移籍を繰り返す人(おそらく本人の意志では無く親の意志で)を見てしまうと、

こどもの剣道人生の魅力の半分を教えてあげてない。片手落ち。

と思ってしまいます。

二度と元の所属に戻れない移籍をしてしまうと、そのこどもの人間関係は細切れに寸断されてしまいます。

大人になって剣道を続けるにしても、剣道家どうしの繋がりは深いので、必ず子供時代にしていたことが伝わっていきます。

それよりなにより、こどもの心に、

自分が剣道ができるのは多くの人に支えられているから、という一番大切な部分がすっぽり抜け落ちてしまいます。

つまり、「剣道を通じた人間関係」という最も美しい部分を味合わないまま成長してしまい、楽しい思い出、仲間と作った思い出が無かったり、一緒に喜び合う仲間も無いままになってしまいます。

大人になって、小学生時代のことを思い出してみてください。

テストの成績を一番に思い出すことはないと思います。

友達と駆け回った野原や、サッカーをしたこと、けんかをしたこと、一緒に花摘みをしたこと、笑いころげたこと、当時流行った遊びや歌謡曲、好きだった異性のことを思い出しませんか?

そういうもの抜きに「学校を思い出す」というのは難しいですよね。

戦績や強くなることばかりに目を向けて保護者がこどもの剣道を仕切ってしまうと、「友達抜きの学校の思い出」のように色褪せたものをこどもの心に残してしまいます。

まとめ

大人はこどもに強くなってほしい、試合に勝ってほしいと願うが、こどもは仲間と心を通い合わせている

剣道でも何でも、最終的な財産は「人との繋がり」

仲間との繋がりが剣道人生を彩ることを教えてあげてほしい

移籍する際も、こどもの心に負担をかけないよう、子供同士の繋がりをなるべく断たないようにしてあげたいものです。

人が人生を終えるとき思い出すのは、財産や損得のことではなく、あの人とこういうふうに接すればよかった、とか、人にまつわることだそうです。

どうか剣道の魅力の半分を占める「剣道を通じた人間関係」の部分を無視してこどもを振り回さないよう、保護者のかたにお願いたします。

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

one + two =