剣道で強くなるには「足さばき」が大切である理由


みなさんこんにちは!剣道愛好家ごまちゃんです。
主に小学生の保護者の皆さんに向けて、「試合で勝つ」「強くなる」ことを話題に挙げています。

今回のテーマは、こどもが剣道で強くなる際、どうしても大切な「足さばき」について、なぜ大切なのか、どのように鍛えたらいいのか探求してみましょう。

イケメン剣士JHOです。足さばきは、送り足、歩み足、開き継ぎ足、とあります。踏み込みも、大事な足さばきの要素です。

素人保護者りゅうかです。一般的な足さばきのやり方については、既存のネット記事にたくさんありますよね・・・

アイドル剣士こはるです。
・腰が上下しない
・肩が上下しない
・右足が左足を追い越さない
ということはよく言われました。

つまり、それらは、上半身を安定させていつでもどんなときでも打突を繰り出せるようにするためのものです。
ここでは、それ以外に、最も大切な、欠かせない要素があるのではないかという面を探求していきます。

▼当サイトで一番人気のあるカテゴリは以下の二つです!

当サイト「強くなる」カテゴリ記事

当サイト保護者カテゴリ


↓初めてこのサイトに来られたかたはこちらへ。

てっぺんを目指す剣道ベスト記事

日本一を目指すというこどもはこんな子供でした

足さばきの大切さはつまり「上半身と剣先をブレさせないためのもの

ずばり結論から言うと、足さばきの大切さは、

どんなときも上半身がブレず剣先が動かず、すぐ打突が繰り出せる

ために大切なものです。

イメージとしては、水鳥が水面を優雅に滑るように浮かんで動いているのですが、水の下では、一生懸命水を掻いて足を動かしている、そのような感じです。

これは、強い高校生や、高段者の先生方ならみなさんそうなのですが、

高段者の先生方はみなさん、構える姿や動く姿が、

まるで能役者

のようにブレも無く腰と頭に上下動が無く、抑えに抑えた姿をされています。

上半身を安定させるために、腰の上下が少なくなるようすり足が必要ですし

上半身を安定させるために、右足が左足を追い越して腰が捻じれるのを防ぐため「右足が左足を追い越してはいけない」と言われるのです。

もちろん、肩が動いてもいけません肩が動くと剣先もブレてしまいます。

以前、「構え」のところでも載せたこの動画

構えからの打突

上半身も剣先も微動だにしていません。そこからいきなり一拍子の打突を繰り出しています。

(ちなみに、構えの大切さを書いているサイト記事はコチラ↓)

「構え」の大切さを小学生に教えるには

上半身と剣先を動かすまいと思ったら、すり足で細かく足を送り間合いを詰めることが必要です。

上半身がじっと定まったままいきなり打つ、最強の打突はこういう状態から繰り出されます。

そういえば、『武士道シックスティーン』ていう小説で、日本舞踊をずっと習っていた女子が剣道で強くなっていくのを書いたものがあったなあ・・・日本舞踊は、典型的な上半身を固定したまま下半身だけを動かす舞踏ですよね。

剣道されているかたはみんな知っていますが、
打突を繰り出すまでに如何に「色を消す」ことができるか、つまり、攻撃の意図を秘していきなり一撃を繰り出せるか、そこが勝負になります。

『武士道シックスティーン』はこちらで紹介しています。
二人のヒロイン、かっこよかったなあ~

武士道シックスティーン (文春文庫) [ 誉田 哲也 ]

価格:799円
(2019/8/30 22:35時点)
感想(101件)

試合全体を見ると、大切なのは「リズム感」

こちらは上記とはまた別の見方になります。

打突の一つ一つを見ると、上半身と剣先をブらすことなくすっと入っていくのが最も良いのですが、全体の印象はまた違います。

九州学院にいた梶谷選手のような、機敏さと絶妙のタイミングの取り方などを見ていると、「上半身をブラさない」といった要素とはまた別のものがあります。

それが、リズム感です。

久御山練成会

三年生と四年生の試合です。(※未成年者の試合ゆえ転載は禁止します)

二本取った側は、前に出るとき、技を出すとき、全体としてまとまりがあり、リズム感が感じられます。

このようなリズム感は、おそらく、生まれてから今までやってきた運動の総量や、音楽に親しんだり、普段から体を動かしていたり、他の運動をしていたことも影響してきます。

ダンス、水泳、バスケ、あらゆる分野で、「リズム感」は重要な要素です。足さばきを考えすぎてガチガチになるんではなく、生活全般で体を使って楽しむ機会があることが望ましいですね!

「攻め」に関しても、足で攻める感覚を持つとうまくいく

このサイトでもしばしば「攻め」についてその大切さをお伝えしていますが、「攻め」とは剣先の攻めばかりではありません。

足を使って攻めることもとても大事です。

具体的に言うと、

・間合いを詰めるさい、じりっじりっとした足さばきでお相手を圧迫する

・軽い踏み込みをすることでお相手を誘う

・細かく自分の位置を動かすことによって、「自分は打てるけど相手は打てない」角度や間合いを探る

これらも、足さばきがとても重要です。

小学生は特に元気に動き回るほうがお相手にやりにくく感じてもらえますし、細かく位置取りをすることで自分を常に有利に持っていくのも足さばきが必須です。

剣道は足で攻める、ということを言葉でなく実感で分かった時点で、さらに一段強くなっていることを自覚できるようになります。

剣道では、「位置取り」も大切です。位置取りについては、攻め以外にも大切なものがあります。こちらの記事に詳しいです。

剣道で勝つためのポイント③位置取りの大切さ

 

▼「攻め」に関しての当サイトの人気記事はコチラ

剣道で強くなるための「攻め」と「タメ」

まとめ

①足さばき(送り足、歩み足、開き足、継ぎ足)は、上半身のブレを無くし、剣先を安定させいつでも打突できるようにするために習得するもの。ブレがない場合、すぐ一拍子の打突を繰り出すことができる。

②足さばきでは、上半身と剣先を安定させる以外に、全体として「リズム感」も大切。それは、剣道だけでなく、他のスポーツを楽しんだり、体を動かしたりすることでも養える。

③足さばきには「足で攻める」という要素もある。足で自分の有利になる位置を探し打突したり、位置取りで審判に見えやすい位置に移動したりすると良い。小学生のうちは元気に動き回ることで有利に立てる場合も多い。

足さばきは剣道場だけでなく、家やマンションでも練習できるものの一つです。どのように足を運んだら上半身が安定するか、剣先が安定するか試してみてください。

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

12 − 8 =