剣道には「反射神経」は必要ない!?反射を抑えることが大事


みなさんこんにちは!剣道愛好家ごまちゃんです。
主に小学生の保護者の皆さんに向けて、「試合で勝つ」「強くなる」ことを話題に挙げています。
今回は、一般的に思われていることとは逆のことを記事にします。ひょっとしたら反対意見を持たれる方のほうが多いかも知れません。

イケメン剣士JHOです。剣道で反射神経が鋭いことはむしろ邪魔になる、ということですね・・・これは確かに・・・一概には言えないでしょう。

素人保護者りゅうかです。反射神経=運動神経ですよね、反射が鋭いほうが強くなるような気がしますが。

アイドル剣士こはるです。正確には、ある段階までは反射神経が有利に働くけど、ある段階からは不利になる、ということではないでしょうか。

こどもが剣道の試合で勝つには、反射や勢いで勝っている時代から、少しずつ理合いや攻めの要素を取り入れて脱皮する過程が必要です。
もし、ある段階で勝てなくなったりしたら、その時が「脱皮のチャンス」です。そこで考え方をガラリを変えることで脱皮がスムーズにいきます。

▼当サイトで一番人気のあるカテゴリは以下の二つです!

当サイト「強くなる」カテゴリ記事

当サイト保護者カテゴリ


↓初めてこのサイトに来られたかたはこちらへ。

てっぺんを目指す剣道ベスト記事

日本一を目指すというこどもはこんな子供でした

戦績が落ちてきたらまず何をするべきか

結論から先に申し上げると、小学生が勝てなくなったらまず、

反射を抑えてお相手を見る、見続ける、打たれてもいいのでお相手を観察する

つまり、

反射に頼ることを捨てる!

ことです。

このサイトでも何度かテーマとして取り上げましたが、スランプに陥ったり、五年生になって高学年組に入れられると勝てなくなった、というこどもについての続編です。

▼スランプについての記事

スランプ脱出法は稽古量を増やすことではない

▼五年生で勝てなくなったとき

五年生の壁を乗り越える方法

 

これらを踏まえても踏まえてなくても、もし勝てなくなったらまず最優先にやらなければならないことがあります。

それは、

「今までのやり方、考え方を変えることでしか脱出できない」

と覚悟を決めることです。

成人以降の剣道家のかたがたも同じではないでしょうか。

今まで通り体が動くと思って試合すると、スピードとパワーあふれる若者に叶わなかったり、体を傷めたりします。

小学生が初級から中級に移る時も、考え方を変える時期がやってきます。

考え方を変えることで剣道も必ず変わっていきます。

それは、今までそのやり方で勝ってきたことを潔く捨ててしまう、という難度の高いものです。

でも難度が高い分、効果も絶大です。

低学年までは、運動神経が良くて反射が鋭いこどもが勝てます。その段階では「合気」や「攻め」と言った要素にまで到達して試合をしているこどもがほぼいないからです。

ごくたまーに、「構えがしっかりして攻めを効かせている」低学年がいますが、そういうのはかなり高度な試合ですね・・・

通常、反射神経が鋭いこどもは、試合でかなり有利です。お相手のスキを突くのが非常にうまく、無意識のうちに体が反応しますし。しかし、その「無意識のうちに体が反応する」というのが、だんだんと不利に働く段階に入ってきます。

以下、反射に頼るとどのように不利になってくるか紹介していきます。

「反射」に頼ると構えが崩れやすい

たとえば、反射の鋭いこどもは、お相手が打ってきた瞬間、防御姿勢を無意識に取ってしまいます。

すぐに手元を上げて防ぐので、打たれることはないのですが、もっと大切なものを失ってしまいます。

それが、

剣道はお相手の動きに反応してしまったほうが負け

という部分です。

高段者になればなるほど、「お相手の攻めに反応して構えが崩れたり、手元がピクっとでも動いたら、敗北感を感じる」らしいです。

こどもにとっても、

お相手に自分が動かされた、という時点で、主導権をあちらに握られているということですし、自分が受け身に回っている、ということでもあります。

反射が鋭いあまり、お相手の攻撃に反応してしまって手元が浮いた時点で、そこにコテを撃ち込まれたりしたら簡単にお相手に一本を進呈してしまいます。

「構えが崩れない」という点ではむしろ、反射が鈍いぐらいがいいです。

低学年のときキビキビと動いていたこどもが、高学年になってどっしりした感じのこどもと試合をして負けてしまうのも、「お相手の動きに鋭敏に反応しすぎている」ことが原因の場合も多いです。

「反射」というのはもろ刃の刀です。攻撃をするさいに咄嗟に体が動いて有利になることもありますが、お相手の動きに鋭敏に反応してあちらに主導権に握られてしまう原因にもなります。
もし調子が悪いなと思った時こそ「お相手に乗せられて主導権を握られている」と自覚して、構えを崩さない、お相手をよく見る、というふうな方向へシフトしてみてください。
結果が変わってくるはずです。

▼「自分から打て」と言われたり、勢いや気迫を推奨されることも多いのですが・・・

剣道で「自分から打て」の本当の意味とは

 

反射は本能であるため「偶然に勝負をゆだねる」ことになりやすい

反射に頼る試合というのは、本能的な動きに身を任せることが多いため、攻めや構えをしっかり固めて自分で作る試合と違って「偶然に頼る」部分が多いです。

咄嗟に体が反応してたまたま竹刀が打突部位を捉えた、という場合でも一本になることもありますが、それだと、また同じ状況を作ろうとしても難しいです。

なぜなら、それらは無意識に行われていることだからです。

つまり、偶然に頼っている、ということになります。

一方で、お相手の攻めに咄嗟に反応するのではなく、意識して構えを崩さず、攻めを用いてお相手を動かそうと自分で試合を作っている場合、それ以降の試合でも同じ状況を自分で作ることができるようになります。

もし反射に頼って勝てているとすると「調子がいい」といい、反射が今一つ鈍いと「調子が悪い」と言ったりします。

自分の勝負を「調子」という偶然に委ねてしまうと、戦績が安定しないのは当たり前です。

反射に頼る危険性は、ここにあります。

 

▼構えを意識することは、自分で試合を作る第一歩です。

小学生に「構え」の大切さを教えるとっておきの方法

 

反射に頼ると試合相手と「合気」になりにくい

こちらは少し一歩進んだ不利な点です。

反射を効かせるには、極力「意志」の力を減退させる必要があります。

反射は人間が持っている本能であり、意識や意志とは逆のところに存在する原始的なものです。

その原始的なものを働かせつつ「合気」のような、高度に人間的なもの(ひょっとしたら、これを高度に働かせられるのは世界で日本人だけかもしれないと管理人は思っている)を働かせようとするのは、どんな超人でも難しいのではないでしょうか。

高段者の試合や、全国トップクラスの試合では、わずかな竹刀の揺れの中に膨大な会話が詰め込まれており、凝縮した「合気」の塊が存在しています。

逆に言うと、反射を働かせて勝てる試合は、高度な試合になるにつれて減っていき、竹刀での会話、つまり「合気」のによる試合に移行していきます。

もちろん、日本に数人しかいない天才と呼ばれる方々にとっては「反射」「ひらめき」が勝つ要素になっているかも知れません。

でもそれは、凡人が真似ても再現できないものと思われます。

もし天才と呼ばれる人がいたとしても、そこに至るまでに天文学的な「合気による試合」があり努力があり、その上でひらめいたものが上乗せされるのでは?
凡人がいきなり「ひらめき」によって勝とうとするのは虫がいいかも知れませんね。

まとめ

①戦績が落ちてきたら「今までのやり方が通用しなくなった」と自覚すること。小学生から中学生は「反射に頼ることを辞める」と覚悟を決めましょう。

②反射に頼るとまず不利になるのは、構えが崩れて「お相手の動きに反応する」という点です。反応した時点で、お相手に主導権を握られたことになります。

そういう点から見れば、反射を極力抑えて構えを崩さないことが必要になってきます。

③「反射」というのは本能的な動きで、「合気」「構えを崩さない」「攻め」というような意志と関係するものではない。自分で試合を作っていくという「意志」によらず、「反射」という偶然に頼って試合をすると、戦績が安定しなくなるし、調子の良し悪しで試合が決まってしまうことになる。

もし戦績が落ちて悩んでいたら、「これまでのやり方を変えるサイン」と思ってみましょう。

それまでのやり方で勝てた時期は終わり、次の段階にスムーズに移行するには、本能的な「反射」を抑え、合気や攻めと言った「意志」による試合運びを心がけてみてください。

地道に続けていけば、必ず結果が変わってきます。

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

nineteen − 10 =