少年剣道では絶対勝負にこだわらなければならない理由


みなさんこんにちは!剣道愛好家ごまちゃんです。
主に小学生の保護者の皆さんに向けて、「試合で勝つ」「強くなる」ことを話題に挙げています。
今回は、剣道は「勝ち負けにこだわらず続けることが大切」と言われることに対しての疑問と、やはり勝負にこだわったほうがいい理由を紹介します。

イケメン剣士JHOです。
小学生のうちは勝ち負けにこだわるな、基本を大切にしろとよく言われますが・・・勝ち負けにこだわることと基本を大切にすることを分けて考えるほうが奇妙です。基本を忠実に勝ち負けにこだわることができるのですから。

素人保護者りゅうかです。
勝負にこだわる過程で得るものもたくさんあると思うのですが・・・勝ち負けばかりにこだわるのもアレですが、あまり「勝ち負け考えるな!」と言われるとそれもまた違う、と思ってしまいます。

アイドル剣士こはるです。例えばオリンピックでは、「参加することに意義がある‼」と言われるけど、勝つことを目的としていない選手がオリンピックに参加してたらあれだけ感動しますかね。やはり、精いっぱいの「勝ちたい!」という気持ちがぶつかり合って競技するからこそ感動を呼ぶんだと思います。

ここでは、一般的なネットにあふれている意見はそちらで見ていただくとして、少年剣道では勝ち負けにこだわったほうがいいと思われる理由を記事にします。

▼当サイトで一番人気のあるカテゴリは以下の二つです!

当サイト「強くなる」カテゴリ記事

当サイト保護者カテゴリ


↓初めてこのサイトに来られたかたはこちらへ。

てっぺんを目指す剣道ベスト記事

日本一を目指すというこどもはこんな子供でした

真剣勝負の場に立つことこそほんとの「人格修養」

全剣連の「剣道の理念」は以下のように記されています。

剣道を正しく真剣に学び
心身を錬磨して旺盛なる気力を養い
剣道の特性を通じて礼節をとうとび
信義を重んじ誠を尽して
常に自己の修養に努め
以って国家社会を愛して
広く人類の平和繁栄に
寄与せんとするものである

つまり、人格修養をして世界に役立つ人材をつくること、ということです。

そして、その「人格修養」は剣道の「真剣勝負」によって作られます。

試合場に入ったらお相手と二人きりで、真剣勝負をする、勝ち負けが付けられ、逃げ場も無い。

そのような厳しい場所にこどもを置いて、勝負をつけさせることをためらい、良くある表現として、「剣道は勝ち負けではない」というふうに持っていくのではなく、「真剣勝負をするからこそ人格修養になる」のがもっと剣道の理念に近いです。

試合場のコートに入ると、こどもたちはたった一人で相手に立ち向かわなければなりません。

しかも、そのお相手と優劣を競って、どちらか一方は必ず負ける、という厳しい場所です。こどもが小さければ小さいほど「たった一人でお相手と戦う」ことは逃げ出したいほどの恐怖かも知れません。

その恐怖心を乗り越え、緊張を乗り越えて立ち向かっていく姿勢、それは武道、特に剣道以外になかなか得られません。

低学年の小さな子が、大きなお兄さんと対峙している姿を見ると、胸が熱くなります。
恐いし、嫌だけど逃げずに頑張っている、それだけでもものすごい人格修養になっていますよね。

立ち向かう、という姿勢そのものが、人生において最も重要な課題になります。剣道していると、物事に立ち向かう姿勢は自然に身に着きますよね。

お相手と真剣勝負で立ち向かう姿勢、それを無くしては人格修養も中途半端になってしまいます。
だからこそ、少年剣道こそ試合をして、勝ち負けにこだわる必要があるのです。

▼保護者の応援態度にも礼節を!

保護者の応援で団のレベルがわかる

 

「万能感」を削ぎ落したら人のために役立つ気持ちが芽生える

こどもは小学生のうちは、「自分のなりたいもの」ということに制限を設けません。

プロ野球選手になりたい、Jリーガー、漫画家、芸能人、といった、特殊な才能を必要とする世間の注目を集めやすいものにこどもは目を向け、自分もそこに加わることができる、と何の疑いも無く信じています。

一方で、剣道少年たちは、この種の万能感とは無縁です。

彼らは大人の怖さや凄さを知っており、剣道を通じて自分の限界を知っており、自分より優れている人間が世の中にはゴマンといることも早々と思い知らされます。

剣道少年は「自分が注目されることの限界」を早く知るだけに、

・自分の立ち位置を知り受け入れること

・社会の厳しさ、大人の怖さ、

・継続することの尊さや、自分の思い通りにならないことへの柔軟性

・自分より有能な人を素直に尊敬し憧れ、そこに近づこうとする姿勢

を得ることができます。

このような資質は、「勝ち負けに超シビアな競技」であるからこそ身に着く資質

です。

 

「剣道は勝ち負けではない」という姿勢では、「真剣勝負」から得られるものが得られません。

人格修養は、「自分の肥大した自己や甘い考えを削り落とす」ことからはじまります。

どうか、勝負におおいにこだわって、人生に大きく役立つ資質を身に着けさせてあげてください。

▼大きくなって強くなればいい、という助言は正しい?

剣道は高校生から強くなればいいと言われるけど・・・

勝ち負けにこだわるからこそ得られるもの

剣道は勝ち負けにこだわるよりも「人格修養」や「礼節」を重んじるもの。

という意見をたまに聞きます。

しかし、実際には、繰り返すようですが、

勝ち負けにこだわるからこそ、人格修養になり礼節が身に着く

と、これは言い切ってしまっていいと思います。

真剣に勝ちたいと思って試合をするからこそ、負けた時は悔しくて涙が出て、敗者の気持ちが理解出来て人を思いやることができます。

勝負にこだわるからこそ、苦しい稽古を耐えることができ、努力や工夫をすることができます。

勝ちたいと真剣に取り組むからこそ、壁にぶち当たって悩んだり、反省したり、人に責任を被せず自分で責任を取る姿勢が生まれます。

「勝ちたい!」と真剣に取り組んで負けてしまい涙が出るこどもと、「勝ち負けなんて関係ないよ」と平気な顔をしてうそぶくこどもと、

どちらがより人格が練れて、人を感動させることができ、周囲が応援したいと思うでしょうか?

剣道少年の周辺にいる大人は、安易に「勝ち負けは関係ない」「強くなるのは大きくなってからでいい」という具合に話を持って行かないほうが良いです。

というのも、管理人の周囲にも、「剣道は勝ち負けではない」と言ってこどもに勝ち方を教えない指導者が一定数いらっしゃいます。

この辺りに、ストレスを感じてしまいます。

「基本が大事だから」「今勝っても将来勝てなくなる」などと言いながら「剣道は勝ち負けではない」という矛盾したことを言うより、

上達したい!もっと勝ちたい!強くなりたい!というこどもの自然な気持ちを汲んで稽古をつけてあげて欲しいです。

もし、本当に心の底から「剣道は勝ち負けではない」という信念を持っていらっしゃるのであれば、その信念は少年剣道とは相容れないものですので、どうか子供たちをよその教室に預けて、ご自分の剣道を追求なさってください。

「勝ち負けではない」という信念に付き合わされるこどもが、気の毒だからです。

人間は本能的に、勝利を求め、向上を求め、成果を求めるものです。

そこを頭から否定することは、こどもたちの自然な向上心をも否定することに繋がってしまいます。

▼剣道保護者に関する一番の人気記事はコチラ

これをするとモンスターペアレント認定

まとめ

・剣道の理念である「人格修養」とは、真剣勝負の場に立つことで身に着くもの。

・こどもが持っている「万能感を削ぎ落す」ことで、人の役に立とうとする資質が早めに生まれる。

・大人はこどもに「剣道は勝ち負けではない」ということを刷り込まないほうがいい。こどもは向上心、勝ちたいと思うこと、成果を求める心を持っているので、そこを頭から否定することになる。

「基本に忠実に教えたい」「勝ち負けにこだわってはいけない」ということをセットにしてこどもに説く意味は、いったいどこにあるのでしょう。

剣道は、トリッキーな動きのみで勝てるほど甘い競技ですか?

勝てる子供は基本もできています。

基本を教えたいから勝ち負けにこだわりたくない、という言葉の真意がどこにあるか、どうかご自分の心を誤魔化すことなく問いかけてみてください。

 

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

7 + 19 =