剣道で環境に頼らず差をつける方法


みなさんこんにちは!剣道愛好家ごまちゃんです。
主に小学生の保護者の皆さんに向けて、「試合で勝つ」「強くなる」ことを話題に挙げています。
今回は、「剣道で勝つ」ことを目標にした場合、現実的に強豪団に所属した場合圧倒的に有利になれますが、各家庭で対抗できる手段があるかどうかを探ります。

イケメン剣士JHOです。
小学生が勝つために普段から必要なことを思いつくまま述べてみると、以下のよういなりますね。
身体的なものについては
稽古量、体力、瞬発力、スピードを身に着ける、体格を優位にするためご飯をたくさん食べる←実はこれ、高校生まではものすごく重要)
など。
あと理合については、合気、間合い、機を捉える、一拍子の打突、中心を取る、などなどコチラもかなりたくさんあります。不利な場所から躍り出るには、こちらの「理合い系」を磨くしかないのではないかな。

素人保護者りゅうかです。
親ができることと言えば、稽古の送迎、出稽古や環境を整える、ご飯をたくさん食べさせる、剣道についていろいろ勉強する、ですよね。試合を汲むわけにもいかないし、出稽古や移籍はハードルが高いですし。

アイドル剣士こはるです。
ともかく試合の場数を踏ませることも重要ですが、住んでいる地域によってはそれも難しいこともありますよね・・・

ともかくやれることは何でもやる!ということが最も大切なわけですが、たぶん、最も大切で最も見落とせないものがあるのですよ、それを本日は紹介してみたいと思います。

▼当サイトで一番人気のあるカテゴリは以下の二つです!

当サイト「強くなる」カテゴリ記事

当サイト保護者カテゴリ


↓初めてこのサイトに来られたかたはこちらへ。

てっぺんを目指す剣道ベスト記事

日本一を目指すというこどもはこんな子供でした

▼少年剣道では環境がものをいいます

少年剣道で強くなるたった一つの条件

「勝つため」に必須でも見落とされがちな条件

結論から。勝つために必要で最もわかりやすい端的なことで、かつたった一人でも稽古相手がいなくても追求できる方法は、

今から打つぞ!て相手にわからせなければいいのです。

そうすれば防ごうと思っても間に合いません。

いつ打ってくるかわからないからお相手も緊張でがちがちになりますし、破れかぶれに打って来てくれたらコチラは返し技で対応すれば楽に一本が取れます。

攻撃意図を見せないことを、ちょっと専門的に言うと、

「色」を見せない

という風な表現をします。

「色」とは、これから打つぞ!というような初動の表れだったり、「殺気」と呼ばれるような一瞬の空白だったり、ともかく

あっ打ってくる!

と感じさせる瞬間のことです。

お相手に「色」を悟らせないまま打てれば、お相手に反応させないまま仕留めることができるようになります。

▼少年剣道は保護者次第で変わってきます。

最悪の保護者にならないための戒め

小中学生が「普通の稽古」をしていて勝つには実はこれしかない

小中学生が試合で勝つ方法などがたくさんネットでも紹介されています。

出ゴテであったり、斜めに下がりながら打つ体当たり&引きドウだったり、このサイトでも「主導権を握るためには」系のコツをいろいろお伝えしてきました。

かと言って、主導権を握る、高度な技を駆使する系のコツは、やはり、豊かな場数や質の良い稽古、稽古量に裏打ちされたこどものみに可能で、普通の稽古をしているとなかなか習得するのは難しい。

質の高い稽古を確保するには、稽古相手が揃っている強豪に所属しているほうが有利です。普通の団では、稽古量も指導内容も、あまりに高度なことを教えるような状況にはないかも知れません。

毎日稽古ができるような団体は、日本中探してもそうそうないでしょう。剣道はプロが存在しないので、指導者の先生方はみなさん本業のお仕事を持たれていて忙しいからです。

運動神経や反射神経、体格に至っては、確保するには遺伝などの生まれつきのものに依存せざるを得ません。努力でどうにかなる部分は限られています。

一人孤独にで精進できるのは唯一、「お相手に気配を悟られずに打つ」ことを追及することのみが可能です。

これだけは、特に稽古相手は必要なく、考え方を元に家庭で孤独に追及することができ、かつ、剣道の段階が進めば進むほど効いてくる「勝つための必須条件」になります。

ここを追及することで、普通の団でも、両親が剣道家では無くても、体格に恵まれなくても試合に勝つことができるようになります。

少年剣道では環境がものを言います。
それでも、都道府県代表になるようなこどもでも、強豪団出身でなかったりする場合もあります。

聞いたことのない団の子で、びっくりするような強いこどもをごくたまに見かけます。ものすごく珍しいだけにホントにかっこいいですね!

そういうこどもは、各家庭でも孤独に強くなる方法を編み出していて、実践しているのでしょうね。保護者の理合いの追及や勉強がものを言うのでしょう。

▼てっぺんを目指すこどものつくりかた

てっぺんを目指すにはリミッターを外すこと

▼目指すものが大きいなら親の覚悟も必要です

てっぺんを目指すなら親の覚悟も必要です。

「色を見せずに打つ」「お相手に気配を悟らせるず打つ」には

試合に勝つための重要なコツがわかったとして、では実際にどうすれば「色を見せずに打つ」ことができるのでしょうか?

そこにこそ、普通の環境のこどもがトップに躍り出るコツがあります。

以下、具体的にお伝えしていきます。

構えた状態からいきなり打る「一拍子の打突」

「一拍子の打突」こそ、相手に色を見せずにいきなり攻撃する唯一の打突になります。イチ、ニで打っていると、お相手は「打ってくる!」と察知して防いだり開始技の準備をしたり出がしらを狙ったりしてきたりします。

スピード勝負になると、厳しい稽古をしている強豪道場のこどもたちには太刀打ちできません。

何が何でも一拍子の打突を身につけましょう。

剣道は「一拍子の打突」で勝つ!

構えを崩さないでできる限り我慢をすること

試合でいちいちお相手の動きにつられて守ったり合い技を出してしまうと、どうしても稽古量や場数が多いほうに有利になります。

格上のお相手に対しては、できるだけ「相手に動かされない」「主導権を渡さない」というやり方で不動心を保ち、お相手が焦ってきたところに勝機を見出して打って出ましょう。

初心者から「構えて我慢する」ことを覚えよう

色をなるべく出さずに、構えからいきなり一拍子の打突を繰り出して一本を取っている参考動画(このサイトから入らないと見られない限定公開動画です。URLのコピーをしての拡散は禁止です)

動画では、スピードそのものよりも、「色を出さないで前に出る」ことに注目して欲しいです。

実際、同じ小学生で、そんなに運動神経や反射神経にに差があるわけでもなく、体格に差があるわけでもないですよね。そうなると、如何に「いきなり打って出て不意をつけるか」にかかっています。

構え、一拍子の打突、我慢すること、攻め、主導権を握ることなどはすべて「色を見せずに打つ」ことに繋がってきます。こういう意味でこういう基礎練習をするのだな、と理解しつつ稽古してください。ただ漫然と基礎練習をしたり構えたりすることの何倍も成果が違ってきます。

▼実は、反射神経に頼っていると試合では不利になります

反射は抑えることが大事です

まとめ

・普通の環境からトップレベルになるには、「理合い」の追及が不可欠です。稽古量や場数をしのぐために注目すべきは「いかにお相手に気配を感じさせずに打突を繰り出せるか」に依ります。

・気配を悟らせず(色を見せず)打突を繰り出すには、「構えからいきなり一拍子の打突を打つ」「構えを崩さず我慢する」「反射を抑える」などの基礎的な動作を深く理解して、どうしてそれが必要になってくるのかを理解することが大切です。

色を見せずに打つ、などの剣道用語や、理合いの追及には、保護者の理解が不可欠です。こどもは保護者からの説明があれば一を聞いて十を知ることができますので、ぜひしっかり理解してこどもに伝えてあげてください。

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

17 − 14 =