剣道で得られるもの~頑張れば結果に出る!という成功体験


みなさんこんにちは!剣道愛好家ごまちゃんです。
主に小学生の保護者の皆さんに向けて、「試合で勝つ」「強くなる」ことを話題に挙げています。
今回は、剣道で得られるもっとも大きなものを紹介していきます。

イケメン剣士JHOです。
これはいつも考えることなんですが、僕は、剣道を始めた人みんなに剣道を好きになって欲しいし、続けて欲しいと思っています。でもそうはならないこともある。その原因を常に指導者側は受け止めていかなければならないと思います。

素人保護者りゅうかです。
これは正直な感想です。決して、特定の人を非難しているわけではありません。ただ、「あの稽古でこの結果では嫌になっても仕方がないだろうな」ということは見ていてわかるときがあります。頑張っても辛いばかりで、結果に出ないときなんかは、大人でもイヤになりますよね・・・

アイドル剣士こはるです。
こどもには、剣道を好きになってもらいたい、剣道の良い面を経験してほしい、と切に願っています。

これは別の言葉で言えば、いくら「続けることに意義がある」とは言っても、やはり「結果」は必須だということです。指導者、保護者を含む大人はそこをきちんと受け止めて、剣道の良さや楽しさをこどもに教えていくようにしてあげて欲しいですね。

▼当サイトで一番人気のあるカテゴリは以下の二つです!

当サイト「強くなる」カテゴリ記事

当サイト保護者カテゴリ


↓初めてこのサイトに来られたかたはこちらへ。

てっぺんを目指す剣道ベスト記事

日本一を目指すというこどもはこんな子供でした

▼少年剣道では環境がものをいいます

少年剣道で強くなるたった一つの条件

例えば、厳しくされても強くなるならいいけども・・・

もし、こどもが通っている道場または教室が、

稽古が厳しい+強くなれない、試合に勝てない

というコンボなら、ある程度経験年数があるこどもなら、100%剣道が嫌いになります。

こんなにしんどいのに結果が見えない、ただ苦痛ばかりという暗い未来しか見えてこないからです。

かかり稽古はどの年代も厳しく感じるものですが、体が小さいとなおさらですし、その他の稽古でもそこに指導者側の

・強くしてやろうという意欲

・試合に勝てるような創意工夫

・そのこどもに応じた稽古のレベルや必要とされていることを見抜く目

などが足りない場合、稽古はただの退屈でキツイ反復運動になってしまいます。

今すぐに強くしてくれなくても、試合に勝てなくても、いつかは上達するという希望が見えてくる指導であれば、苦しくても頑張れますが、そうでない場合ただ苦しいだけの記憶としてしかこどもの心に残らないかもしれません。

▼教わる側は稽古に不満を持ってはいけないのでしょうか?

こんな指導では強くなれない

こどもの自尊心を大切にしてほしい

管理人の家で息子が剣道を習い始めたばかりの時のことです。

指導者が、こどもに「剣道楽しい?どんな時が楽しい?」と直球で聞いてきたとき、こどもは間髪入れず、

試合に勝てた時が楽しかったです!

と答えていました。

指導者は苦笑いしていましたが、これがこどもの偽らざる本音だと思います。

でもこれは、大人でも同じではないでしょうか?

何かを一生懸命練習していて、結果が全然出ないよりも、成果が目に見えて現れるほうが嬉しいに決まっています。

そして、大人はぜひ、ここを考えてあげて欲しいです。

こどもは本来、自分の未来に希望と夢を一杯詰めて進む特権を持っています。

そのこどもに、小さいころから、勝ち負けというシビアな局面を体験させ、早々に現実を知らしめるのが剣道です。

しかも、小学生中学生は、試合も結構多いです。

大人のように試合に出るか出ないかを任意に決めることもできず、指導者の繋がりによって普通に試合が組まれ、否応なしに試合日程が決まってしまうことも多いでしょう。

本来、「自分はなんにでもなれるし、世界はいつでも自分の味方をしてくれる」という万能感に浸っていられる時代が、普通のこどもには存在します。

でも剣道をしているこどもは、、人と比べられ、優劣を決定される修羅の道に入ってきてくれ、辛い稽古に耐えてくれています。

そのこどもに対して、勝ち負けは関係ない!と言い切ってしまうのは、大人の身勝手ではないでしょうか。

万能感に満ち溢れた時代を過ごしたこどもは、厳しい現実を知るまで夢を見ていられますが、剣道をしているこどもは早々にその夢を破られます。

夢が破れるとき、こどもの自尊心も少しずつそぎ落とされ、

「自分は実は全然たいしたことがないんだ」

という現実に直面します。

その局面の重大さを、大人はもっと認識してほしいと思います。

▼小学生時代は勝負にこだわるべきではない?

少年剣道こそ勝負にこだわらなければならない理由

自尊心というのはすべての人間が生まれ持っているものです。年を経るごとに自尊心が少しずつ削り取られ、それと同量の「他者へ貢献したい気持ち」が育ってきます。

剣道少年たちは、通常より早く自尊心を削る局面を迎えて、人のために動くことを学び始めますね。これは端的に言うと、「殊勝な心掛け」です。本来こどもは、自分が万能であると思い込むことを許されている人種ですから。

そんな「殊勝なこども」たちに対して、「勝てなくてもいいんだ!」と開き直ってしまうのは、大人側の身勝手かもしれません。預かったこどもがどんな思いで自分の自尊心を剣道に捧げ、目の前で削られているのを見ているか、指導者はできるだけ考えて欲しいですね。

▼これが一番辛いかも・・・

指導者が信頼できなくなったとき

厳しい稽古を「試合に勝てる稽古」に変える考え方

稽古が易しい→試合に勝てる

これはたぶん、不可能な夢物語です。

稽古が厳しい→試合に勝てる

これはこどもも納得してくれるでしょう。稽古で削られた自尊心も試合で取り返すこともできます。

稽古が厳しい→試合に勝てない

最悪のコンボです。辛いことばかりで報われることが無い苦行のようなもの。こどもの自尊心という世の中の宝を棄損しているとも言える。

稽古がゆるい→試合に勝てない

これもある程度納得できます。ただし、剣道の魅力に気づく前にこどもが剣道を辞めてしまう可能性が高まります。

稽古がどんなに厳しくても、それに見合った結果が出るならこどもは耐えることができます。

もちろん、思うようにいかないこともたくさんありますが、なにより大きな成果は、試合に勝ったことそのものではなく、

頑張ったら結果になって返ってくるんだ!

という潜在意識への刷り込みと、

僕はこれだけ頑張れた

という自信です。

少年時代にこれだけのものが得られれば、そのこどもは生涯に渡って、頑張れば結果が付いてくることを引き寄せ続けられるし、自分は頑張れる人間なんだという自己肯定感とともに生きていくことができます。

これこそが、こどもに与えられる最高のプレゼントではないでしょうか。

大人にとって、こどもと接する最大の喜びは、

そのこどもの生涯に、大きな影響を与えることができる

ということです。

こどもに影響を与えるのであれば、「やってもやっても報われない、苦しいだけ」の経験よりも、「辛いけど頑張ったらそれに倍する成果を得られる」という成功体験を与えてあげて欲しいです。

稽古を厳しくすることそのものを目的にするのではなく、厳しくするから試合に勝てる、という因果関係と成功法則を、まだ幼いこどもの心に植え付けてあげることは、大人の義務ではないでしょうか。

▼試合は多すぎても少なすぎてもストレス!?

団への不満~試合が多すぎるまたは少なすぎる

まとめ

・辛いばかりの稽古で結果が残せないと、剣道は苦しいだけの修行になってしまう。

・こどもは本来自尊心を持って夢や希望に満ちているのに、剣道をやるこどもは早めにその自尊心を削られてしまう。剣道という修羅の道に足を踏み入れてくれたこどものために、「自尊心」をできるだけ保てるようにしてあげてほしい。

・稽古が厳しくても結果になって残ればこどもは着いてきます。こどもには、「頑張ったら必ず結果になって残せるんだ」という成功体験を与えてあげて欲しい

剣道に限らず、「頑張ったら結果が残せるんだ」という信念は、その子の生涯を支える大事な支柱になってくれます。

どうかこどもの自尊心を大切に、成功体験をこどもに植え付けてあげて欲しいです。

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

four − 2 =