剣道左足の引き付けを劇的に速くして足さばきを改善する方法


みなさんこんにちは!剣道愛好家ごまちゃんです。
主に小学生の保護者の皆さんに向けて、「試合で勝つ」「強くなる」ことを話題に挙げています。
今回は、「左足の引き付け」を早くして足さばきを劇的に改善する方法をお伝えします。

イケメン剣士JHOです。
左足の引き付けが速ければ二段・三段打ちも思いのままですし、防御と攻撃の切り替えも速くなります。

素人保護者りゅうかです。
一本打って終わりの子と比べ、次の打突がどんどん出せる子はやっぱり試合でも強いですね!

アイドル剣士こはるです。
かといって、言ってすぐできるようになるものでもなく・・・こどもに教える際に何か良い方法はありますか?

ここで紹介する方法はとても分かりやすく大人の剣道家のかたも実践しやすいものですので試してみてください。

▼当サイトで一番人気のあるカテゴリは以下の二つです!

当サイト「強くなる」カテゴリ記事

当サイト保護者カテゴリ


↓初めてこのサイトに来られたかたはこちらへ。

てっぺんを目指す剣道ベスト記事

日本一を目指すというこどもはこんな子供でした

▼少年剣道は環境がものを言います。

少年剣道で強くなるたった一つの条件

「すり足」は右足をまず出すのではなく、左足で右足を押し出すこと

まずは一番大事な部分から。

「すり足」と言われてまず右足を前に出しているのは間違いです。

右足前、左足後ろで構えている状態から、

第一歩は、左足が前に出るのが正しく

左足が前に出ることで右足が前に送られるのが正しいです。

わかりやすく動画で説明します。

ダメな送り足

右足から前に出すことを考えてすり足をすると、自然と右足が突っ張り、左足の引き付けがスムーズにいきません。

良い送り足

左足が前に出ることによって、右足が自然に前に出て、体がスムーズに前に進みます。

コツとしては、左足で右足を蹴りだす感じです。

実際にやってみてください。

体が驚くほどスムーズに前に出て、意識しなくても左足の引き付け直後に右足が前に出ます。

▼足さばきは何のためにある?

足さばきが大切な理由

右足を「前に出す」のではなく、左足で体を「前に送る」のが正解

すり足の練習をしていて、「左足の引き付けを早く」と言っても全然できなかったとき、ある先生に教えてもらったことがあります。

「左足で右足を前に蹴っ飛ばす感じにすると体が楽に前に出るよ」

と言われ、その通りにやったら体がスムーズに前に出ました。

そうすると「左足の引き付け」を気にする必要もなく、すぐに次の打突に移れるようになります。

これは、宮本武蔵の「前に出るなら踵を強く踏め」と言った言葉ともちょっと似ています。

「足を前に出す」「体を前に出す」と意識してしまうと、体重移動をしないまま足だけを前に出すようになってしまいますが、「踵に重心を移す」ことで体が自然に前に倒れて自然に竹刀を振り下ろせるようになります。

宮本武蔵著『五輪書』に関する記事

左足は「蹴る」のではなく「踵を踏め!」

剣道に限らず重心移動や遠心力を使えば体は楽に動かせる

フィギアスケートの選手がスピンの回転を速める際、

スピンををもっと速く鋭くして!

と言われてもその通りにはできません。

スピンを速くするために、腕を縮め体に巻き付けるか、まっすぐ上に伸ばして!

とアドバイズすると、スピンのスピードが自然に上がります。

剣道でも、

「左足の引き付けを速く!」と言うよりも、

「左足で右足を蹴飛ばす感じに送ると体もついでに素早く前に出られるよ」と言ったほうが、結果的に左足の引き付けも自動的に速くなります。(というより、左足で体を前に送る感覚が身に着く)

アドバイズをするとき、

その動作はどのような作用から起きるのか

意識をする場所はどこに置いたら良いのか

を、指導する側は、どのような言葉で説明すれば適切で理解が深まるかよく考えてアドバイズをしてあげてください。

右足前、左足後ろで「前に出ろ」と言われると、ついつい右足を前に出しますが、左足を先に前に送ると自然に体が前に出て右足も踏み込めます。

左足のことを「蹴り足」と言いますが、蹴り足と言うよりも、「体を前に送る足」というほうがより正確ですね。

でも、左足を前に出して打突をすると「継足をするな!」と言われるのですが、それはどうなんでしょう?

継ぎ足は、「打突動作そのもの」において不必要なものであって、「左足の引き付けを速く」ということや「体を前に送る」という動作とはまた別のものです。継ぎ足と送り足の違い、なぜ継ぎ足はダメなのかは、次回以降の管理人さんの記事を待ちましょう。

▼打突動作の中でも特に大切なものは?

剣道の「踏み込み」で勝利を引き寄せる

まとめ

・すり足は、右足をまず前に出すのではなく、後ろに引いてある左足を前に出すことで左足で右足を押し出すこと(動画参照。ダメなすり足と良いすり足を載せています。未成年の動画なので拡散ご遠慮ください)

・「右足を前に出して後に左足を引き付ける」のではなく、「左足を前に出して体を前に送る」が正解。そうすると重心移動がスムーズに行われ体が自然に前に出るし、結果的に左足は常に次の打突のために準備できる。

・フィギアスケートでも、「スピンをするときもっと速くして」と言われるより、「腕を縮めて体に巻き付けるか、腕をまっすぐ上に伸ばしてスピンして」と言われると、自然にスピンが速くなります。アドバイズするときは、体重移動や遠心力のことなども踏まえ、どのように言えばこどもに伝わるか工夫してあげてください。

剣道は竹刀動作が目立つため、腕が重要なように思われますが、実は足さばきが一番重要です。

そして、体が前にスムーズに前に出るためには、足を前に出すのではなく、左足で重心を移動させることが必要です。

左足の引き付けが重要なのは、「すぐ次の打突動作に移れるようにするため」です。

必要とされる動作の目的は何か、どうしてそのような動作が必要なのかもこどもにわかりやすく教えてあげてください。

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

1 × four =