剣道で「基本」よりも「勝てる剣道」をしていると将来勝てなくなる?


みなさんこんにちは!剣道愛好家ごまちゃんです。
主に小学生の保護者の皆さんに向けて、「試合で勝つ」「強くなる」ことを話題に挙げています。
今回は、よく話題になる「基本重視」「勝てる剣道を教えていると将来勝てなくなる」ということが本当かどうか、「基本」と「勝てる剣道」の関連について検証してみます。

イケメン剣士JHOです。
うちの道場は「試合に勝つ」ことを重視して稽古に励んでいます。でも、ときどき、「勝てる剣道ばかり指導して、将来勝てなくなる」というような意見を見聞きすることがあり、考えてしまうこともありますが、やり方は変えません。

素人保護者りゅうかです。
本当に、「勝つ稽古ばかりして基本ができていないと将来勝てなくなる」のでしょうか?

アイドル剣士こはるです。わたしも、「そんな小手先のことして今は勝ってるけど中学や高校になったら勝てなくなるよ」とよその団のことを評論していた先生を見聞きしたことがあります。

みなさんはどうお考えでしょうか?ぜひご意見をお聞かせください。

▼当サイトで一番人気のあるカテゴリは以下の二つです!

当サイト「強くなる」カテゴリ記事

当サイト「保護者」カテゴリ記事


↓初めてこのサイトに来られたかたはこちらへ。

てっぺんを目指す剣道ベスト記事

日本一を目指すというこどもはこんな子供でした

「基本」と「試合に勝つ」ことは一心同体でまったく同じ意味です

いきなり結論から入ります。

「基本を大事にすること」と「試合に勝つ」ことは分かちがたく結びついていて、もともと別々に論ずるものではありません。

基本ができているから試合に勝てるわけで、

基本をおろそかにしつつ試合に勝てるほど剣道は甘くないです。

基本がちゃんとできていなくて竹刀操作が速くなることはありません。

ちゃんと手の内ができているから、スピード上がり、打突の冴えが生まれるわけであり、

ちゃんと足さばきができているから、踏み込みができ、打ち込むことができ、引き技が出せるわけです。

基本がきちんとできてなくて試合に勝てる子がもしいたら、ぜひ管理人に教えてください。

結論として、

剣道は基本が大切!試合に勝てる指導をしている〇〇道場では、将来中学や高校に入って勝てなくなる!というのは、

全くの筋違いの批判

ということです。

でも、なぜかこういう論調の批判を世間でよく耳にします。

そこには、何か別の意図がある、と管理人は考えています。

ヤフー知恵袋より~「基本を大事にする道場と勝てる剣道をする道場」

「フェイントや小手先の剣道」は中学や高校に入ると通用しない!?

質問箱にあるような回答で、「フェイントや小手先の剣道」とは一体どういうものか、を改めて考えてみます。

実は、管理人家庭が自分のこどもに対して、本当に、耳にタコができるくらい遠まわしだったり直接聞かされたことに、

返し技ばっかりしてると、高学年なって勝てなくなるよ

というアドバイズ(批判?)を思い出すからです。たぶん、返し技は「フェイントや小手先の剣道」というニュアンスで言っているのだと思います。

これは、本当に単純な摂理なんですが、

ちゃんと正面打ち、出がしらが打てて、足さばきができているからこそ、返し技が決まるのです。

ただ返し技だけができて勝てているのではなく、打突が鋭く、体が竹刀と連動して自在に動くからこそ、見た目に器用でびっくりするような返し技が打てるのです。

少しキツイ言い方をしますと、

低学年でびっくりするような返し技を使って勝つこどもを見て、「フェイント」とか「だまし技」と決めつけるのは、結局、「自分の理解や許容範囲にない技を使うこどもに違和感を感じて気分が悪いから」ではないでしょうか。

逆に、フェイントや小手先の剣道で勝つ、ということは、実は、小学生低学年の最初から不可能です。

小手先で竹刀のような長いものを体と連動させて操作することは不可能ですし、そもそもフェイントが効くということは、構えがしっかりしていて「あっ正面打ちが来る!」と思わせるほど攻めが効いているからこそ、お相手の裏をかけるのです。

実際に、試合をしていて「やりやすい相手」と「やりにくい相手」というのは居ると思います。

そこで、「基本のみで応用をしてこないお相手」をやりやすい相手と規定し、

攻めが効いて、裏をかくことも上手で、返し技も上手なやりにくい相手「そんな剣道では将来勝てなくなる」と言って批判するのは、間違っているのはないでしょうか。

▼動作の習得は小学三年生ぐらいまでがピークです。

剣道の習得はゴールデンエイジが最適

攻めが効かすことで、お相手は焦って「打たされて」しまうので、そこを自分の思い通りに返しドウやすりあげメンで決めるのが、返し技の本来の姿です。

基本が大切であることは、どんな道場の先生も理解しています。というか、基本ができていないと応用もできません。数学でも、建築でも、基礎、基本ができなくて応用ができる、ということはあり得ないのに、剣道では普通に「基本もしていないのにフェイントや小手先の応用ばかり」というような批判に繋げてしまうのは、疑問に思っています。

もちろん、高学年や中学生になって、タイミングだけに頼っての騙し技は警戒されたり対策を取られて効かなくなる、ということはあると思います。
それでも「技のバリエーションがある」ということは大きな強みになりますし、どこに来るかわからない怖さをお相手に感じてもらえますよね。

「勝つ剣道」をしているこどもは強豪高校へ行ってレギュラーになっていないてホント?

こちらも、ちょっと言い過ぎです。

強豪高校には、日本中から選手を集めて最強軍団を作ろうとしています。競争が激しく、レギュラーになれないこともあるでしょう。

そもそも、強豪高校には強い子しか集まってきません。そこでレギュラーになれるのはごく一握りで、それこそ天才の集団です。

逆に言うと、

試合に勝てないこどもはそもそも剣道の強豪校の部活に入ることさえできません。門前払いされます。

剣道時代や剣道日本で紹介されている「新人データバンク」に載っている有望選手の出身道場を見てください。

どのこどももたいてい、名前を聞いたことがある、「勝てる剣道」を教えている道場の出身です。ほぼ例外はありません。

基本を大事にすることはそのまま、試合にも勝てる、ということです。

そこを分けで考えるから、結論もおかしな方向へ行き、果てには

小学生のうちは勝てなくて(負け続けて)いい!

といういわば開き直りのようなものに結びついてしまうのです。

▼勝ちにこだわることの意味とは?

少年剣道こそ勝ち負けにこだわらなければならない

まとめ

・基本を大事にすることと、勝てる剣道をする、ということは全く同じ意味です。基本ができていないと試合で勝つこともできません。

小手先やフェイントでは中学高校になって勝てなくなる、というのは間違いで、小手先やフェイントはそもそも小学生でも勝てません。

そもそも「小手先やフェイント」というのは何のことでしょう?返し技ができるのは正面打ちができるから効くのであり、ただ単に「自分が理解できず教えてもいない技をよそのこどもが使う」ことに違和感を覚え、面白くないだけではないでしょうか。

・勝てる剣道をしている道場は上位入賞をするけど、強豪高校ではレギュラーになれないという言葉は、非常にトリッキーです。

そもそも剣道の強豪校は日本中から強い子どもをあつめて最強軍団を作ろうとしているのであり、どんなに強かった子でもレギュラーになれるのはごく一握りです。

試合に勝てない子供は強豪校に入ることさえ不可能です。

実は、少年剣道で頭角を現した子供は、中学、高校に入っても上位を占めます。

中学時代に成長期が来ず苦労することはあっても、体格が揃ってくれば必ずまた同じようなメンバーに上位が占められます。

小学生時代、基本のみをしっかりやって、高校でいきなり頭角を現してくる子がもしいたら、ぜひ管理人にご一報ください。

こどもを強くしたいのであれば、世間で言われている耳障りの良い言葉に惑わされるのではなく、自分見たこと、感じたことを信じていってください。

 

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

3 × two =