剣道で強い相手と稽古すると自分も強くなる理由


みなさんこんにちは!剣道愛好家ごまちゃんです。
主に小学生の保護者の皆さんに向けて、「試合で勝つ」「強くなる」ことを話題に挙げています。
今回は、剣道はどうして強い相手と稽古すると強くなるかの理由を探求していきます。
団に、強いこどもが居る人は非常にラッキーです。逆に自分が一番強い場合は、手応えのある稽古相手を求めて出稽古に行くのがおすすめです。

イケメン剣士JHOです。
剣道の上達は、「稽古相手に恵まれるかどうか」でかなり左右されます。それにはいろいろ理由があります。強豪団がなぜ強いかというと、「お互いに稽古相手に不足がない」ことが最も大きいです。

素人保護者りゅうかです。
自分が団の中で一番強い場合、どうして出稽古に行かないといけないのでしょう?他の球技やスポーツではそういうことはあまり言わない気がします。

アイドル剣士こはるです。多分、テニスやバドミントンでも、個人でお相手とやり取りするような競技は、剣道と同じで稽古相手が重要になってくるんではないでしょうか?

いや、稽古相手に頼らずとも自分で強くなる!と思われる人もいるかも知れませんが、端的に言って、「剣道の上達はお相手の水準次第」なのです。ここで詳しく説明します。

▼当サイトで一番人気のあるカテゴリは以下の二つです!

当サイト「強くなる」カテゴリ記事

当サイト「保護者」カテゴリ記事


↓初めてこのサイトに来られたかたはこちらへ。

てっぺんを目指す剣道ベスト記事

日本一を目指すというこどもはこんな子供でした

剣道はお互いに「壁」になってあげることで上達する

いきなり結論から入ります。

剣道の上達は、稽古相手で決まります。

テニスの壁打ちを想像してください。

強く打てば強く跳ね返ってきます。

弱く打てば弱くしか返ってきません。

自分が強くなればなるほど、強い打ちが返ってくる、そうすると、どんどん上達していきます。

剣道もこれと同じです。

打ったら打った分だけ跳ね返してくれた場合、さらに強度とスピードを上げてやり合えるようになります。

これが、こちらは強く打ち、あちらはのんびり打ち返してくるようだと、いつまで経ってもタイミングが合わず、

片方が片方の上達に貢献するだけの稽古になってしまいます。

結果的に強豪道場がどんどん強くなっていき、差が開いていく傾向にあるのは、こども同士の水準がほぼ揃って、お互いに固い壁となってやり合っていくうちに、いつの間にか団全体の水準が爆上がりしていくからです。

道場内に固い壁が指導者しかいない場合、なかなか団全体の水準は上がっていきません。

固い壁が一枚か二枚しかなく、こどもを全員平等に順番に回していくようだと、固い壁に当たれる回数が相対的に減ってしまうのでこれまた上達することが難しくなってしまいます。

だからこそ、固い壁になれる子供同士で回す工夫が必要になってきます。
理想では、強い子から順番に四人から六人、実力に見合った者同士を稽古させ、まず「固い壁の層」を先に作っておくことが必要です。
初心者は初心者同士、中級者は中級者同士で回さないと、お互いの上達のためになりません。

▼良い稽古相手がいるかどうかはとても重要です。

道場は「良い稽古相手がいるかどうか」で選ぶべし

剣道の基本は「お相手と合気になること」ならば・・・

剣道の試合は、お相手と合気になり、一体となって一本を生み出すことにあります。

▼合気についてはコチラを参照してください

合気とは「やり取り」のこと

これは稽古でも同じです。

お相手と呼吸を合わせ、心を一つにして打ち込んだり打ち込ませたりすることで、「合気」が生まれて、その呼吸の一致が試合にも生きてきます。

小学生のうちは、中級者が初心者に意外と苦戦するのは、初心者が「合気」を知らず、自分だけで剣道をするからです。

中級者以降になると、稽古時から「合気」「呼吸を合わせる」ことがわかってきて、お互いに打ちやすいように配慮するのですが、もしここで水準が違うと、強いほうがそうでないほうに合わせることになります。

合わせてあげる、ということは、つまり「水準を落としてあげる」ということです。

お相手と合気になって同調する時間が長いと、強いほうの子はいつの間にか自分の水準を下方修正され、いつの間にか水準の低いほうに引っ張られることになってしまいます。

水準の低いほうは、高いほうに引っ張られていくので良いのですが、高いほうは、人に与える一方で自分の水準を下げる稽古しかさせてもらえません。

一番良いのは、「水準の同じもの同士」が稽古を回すことでまず最強の壁を複数人作り上げ、水準が下にあるこどもをその壁にどんどんぶち当たらせていく時間を別に設けることです。

ただまんべんなく稽古相手を回していくだけでは、高い水準のこどもが一方的に低い水準に同調するだけの稽古になってしまいます。

▼指導に不満がある場合

こんな指導では強くなれない

ここは少し難しいところですが、稽古中も「強い子」と「そうでない子」を分けて互いに稽古させる必要がある、ということです。手応えのあるこども同士を稽古させないと、団の水準そのものが下方修正されていってしまいます。

でも、そうすると、「団内でトップグループとそうでないグループの格差が広がってしまう」「上手なこどもと稽古できない組が不満を持ってしまう」などの問題が生じますね・・・

たぶんこどもはそんなに感じないでしょうが、稽古を見ている保護者は、「上手なこどもと稽古させてもらえないと上達できない」と不満を持つかも知れません。

そういう場合は、一年なら一年、まずトップグループを形成することに専念し、団の水準を上げた後に徐々に下のグループを引き上げていく、という長期計画が必要になります。
その間、「うちのこどもがちゃんとした稽古をしてもらえない」と不満に思う保護者が出てきたら、ちょっとややこしくなるのですが・・・

▼過度の平等を求める保護者は団の足を引っ張ります。

平等主義なモンスター保護者

遠慮なくぶち当たれる壁があるとこどもが強くなっていく

稽古相手が強いと、かかっていくほうは遠慮なくぶち当たれるようになります。

これが反対に、全力で行くとお相手に泣かれてしまったり、遠慮がちに打ってあげないといけない場合、水準の高いほうはかなり手加減しないといけなくなってきます。

一番良いのは、似たような水準のこども同士が全力で打ち合うこと、そうすると、競争原理も働き、いわゆる

切磋琢磨

というような良い環境が出来上がって、集団で強くなっていくことができます。

その次に良い環境が、指導者が複数いて、いつでもこどもの壁になってあげられる状態です。

できれば、まずは二三人トップ集団を作るために見込みのあるこども同士で稽古をさせ、初心者は指導者が徹底的に鍛える、

という風な環境であれば、水準の高い子も初心者も一斉にレベルを引き上げることができます。

どのような稽古をすればこどもが強くなっていくのか

というメカニズムを常に追求しつつ、稽古環境を作り上げていってほしいと願っています。

まとめ

・剣道はテニスの「壁打ち」と同じで、強く打てば強く打ち返してくれるとどんどんレベルが上がっていく。つまり、自分より水準が高い壁であることが理想。

・剣道はお相手と呼吸を合わせ「合気」になって稽古をしたり試合をしたりする必要がある。合気になるにはお相手に合わせたりお相手から受け取ったりする必要があるため、水準の高い子供は稽古時からお相手に合わせ、青い手に引っ張られて下方修正されてしまう。

それを防ぐには、まずトップグループ同士で稽古をさせ、水準を引き上げておいて後から少しずつ団全体の水準も高める必要がある。

・遠慮なくぶち当たれる壁が複数あるこどもは強くなっていきます。

一番良いのが、強いこどもが複数いて切磋琢磨できる状態

その次に良いのが、指導者が複数いてこどもがかかっていくことができること

稽古の工夫としては、トップグループは互いに稽古をして上達していき、それ以外は徹底的に指導者にかかって強くなっていくこと

 

強くなるには工夫が必要です。

ただ同じような稽古を「基本が大事」と言いながらまんべんなくこどもを回して稽古させていては、強くなれる子も強くなれません。

学年初頭にトップグループを徹底的に鍛え、壁の層を厚くしてから徐々に団全体のレベルを引き上げる、という工夫をぜひ取り入れて欲しいと願っています。

 

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

3 + 8 =