少年剣道で強くなるために一番大切なこととは?


みなさんこんにちは!剣道愛好家ごまちゃんです。
主に小学生の保護者の皆さんに向けて、「試合で勝つ」「強くなる」ことを話題に挙げています。
今回のテーマは、少年剣道で強くなるために一番大切な要素は何かを探ります。

イケメン剣士JHOです。
少年剣道で強くなるには、
・稽古量
・稽古内容
・指導者の熱意
・実力に見合った稽古相手
・試合の場数

・環境
少なくともこれらは外せないでしょう。

素人保護者りゅうかです。
でも一番大切なものは何か、ということを考えると、どれも決め手がない気がします。

それらの要素がいろいろ複雑に絡まり合って結果に結びついていきますよね。

もちろん、一番大切なのはこれ、ということを断言することはできませんが、できるだけ明確に細かく分析して、自分でも改善できることに絞って考えてみたいと思います。

▼当サイトで一番人気のあるカテゴリは以下の二つです!

当サイト「強くなる」カテゴリ記事

当サイト「保護者」カテゴリ記事

↓初めてこのサイトに来られたかたはこちらへ。

てっぺんを目指す剣道100記事までのベスト記事

100~199記事までの人気記事ランキング

日本一を目指すというこどもはこんな子供でした

絶対条件~「打って反省打たれて感謝」

言葉にすると少し気取った感じに聞こえますが、でも本当に大切なことをまず先にお伝えします。

剣道は一人では強くなれません。

もちろん、素振りなどの一人稽古をすることは大切なことですが、そもそも剣道は、「お相手」がいて「お相手とやり取りをした」上で、双方が協力して一本を作り上げる武道です。

勝つことは、「負ける」人がいてようやく成り立ちますし、打つためには「打たれる」相手がいてこそ打つことができます。

道徳的、精神的な面を強調して言っているのではなく、あくまで実践的で現実的な側面から必ず押さえておくことが必要なことは、

剣道で言われる

打って反省打たれて感謝

というような、お相手からもらったものを最大限に生かしたり、こちらもお相手に与える気持ちを持つこと、実はこれが最も大切な上達の秘訣です。

自分が強くなるだけでなく、お相手にも最高の一本を打ってもらうことを知り、「打って反省打たれて感謝」がわかってくると、その日から剣道が変わってきます。

・お相手に打たせるとき、お相手の「気」を捉え、どうやったらお相手の最高の打ちを引き出せるかを常に考えて間合いを調整したり、呼吸を合わせてあげること。

・お相手の最高の打ちを引き出せたとき、合気になってくれたことに「感謝」すること。

・こちらが打って行くときは、お相手の「気」をしっかりと自分の中に取り込み、一体となって打ち込むことを意識すること

このような過程で、もし一体となれず叩いただけの打突になったら反省し、気持ちよく一本が入ったら、合気になって打たせてくれたお相手に感謝する気持ちが必要です。

稽古中でも、「気持ちよく打てた」と感じることがあります。

でもそれは、自分が気持ちよく打ったのではなく、まず間違いなく

お相手が自分に気持ちよく打たせてくれた

ということです。

とくに、高段者の先生方にかかっていき打たせてもらう場合、先生方はかかり手が気持ちよく打てるよう常に間合いを調整しつつ合気になってくださっています。

わかりやすく言うと、

なんか、自分が上手になった気がする感じ

がします。それを感じ取れるようになったら、自然と「感謝の気持ち」が湧いてきます。

打たれた側は、常に、「お相手が気持ちよく打てただろうか」と自分の間合いや合気の状態を反省しつつ、より良い打突をお相手から引き出すように心がけていく。

このような過程を踏んで稽古をした場合、自分だけでなく、お相手も強くしてあげることができ、団全体のレベルも上がっていきます。

「打って反省打たれて感謝」は精神論で言っているのではなく、「こういう心構えで稽古すると強くなるよ」という教えです。

打突をした後、自分が上手になった気がする感じ、そんな打ちをさせてあげたいですね!もちろん、自分が打つ時もお相手と合気になって、最高の打ちをしたいですし。

こういう「感謝や反省」のようなやり取りが無言で行えるこどもは間違いなく強くなります。○○君と稽古すると上手になった気がする、と言われるようになりたいですね

「打って反省打たれて感謝」を心がけると、合気がわかってきますし、合気がわかると飛躍的に「一本を生み出すスキル」が身に着いてきます。稽古中もできるだけお相手と呼吸を合わせ、気持ちよく打てた!を思えるよう工夫するのが上達の近道です。

▼剣道の「合気」って何?

「合気」とはやり取りのことです

稽古の内容と量よりも「指導者の熱意」が必要な理由

稽古量と稽古内容、こちらも強くなりたいこどもにはとても気になることと思います。

この要素は、

各団によって最もバラつきがあるもの

であるだけに、人がどのくらい稽古しているのか、どんな稽古をしているのかとても気になることでしょう。

しかし、ここで敢えて結論から言うと、稽古量や稽古内容よりも、「指導者の熱意」のほうが上達には重要です。

毎日稽古ができたり、稽古量が格段に多い団もあるでしょうが、週4回、各一時間の稽古、あるいは、週二回の一時間の稽古でも日本有数の強さを誇る団もあります。

もちろん、稽古量や内容が充実しているのに越したことはありませんが、指導者の先生がたはみな本業を持っていらっしゃいますし、場所の確保も難しいでしょう。

そういう、量や質を軽々と超えてこどもの上達に影響を及ぼすのが、「指導者の熱意」です。

「熱意」というのは、勝たせたい、強くしたい、上達させたい、ということの他に、「剣道をより深く知り、より好きになってもらいたい」というのも大事な要素です。

毎週一定の時間自分の時間を削ってこどもを指導する先生方はもちろん剣道が好きだったり、こどもが好きだったりするでしょう。

こどもを上達させる指導者の「熱意」の中には、剣道の苦しい部分、辛い部分、厳しい部分もあり、そこを乗り越えていく楽しさを教えようとしてくれるはずです。

勝ち負けの厳しさ、夏暑く冬冷たいこと、報われることが少ないように見える剣道なので、

こんな厳しくしたらこどもがイヤになって辞めてしまうのではないか

試合の勝ち負けを厳しく追及したらこどもがやる気を無くすのではないか

というような遠慮をする先生もいるかもしれません。

勝負ははなから度外視したり、もともと試合の勝ち負けや剣道にまつわることをこどもが学ぶのに無関心な先生もいらっしゃいます。

ある種の自分の趣味を兼ねて、こどもと触れ合うことが目的の先生もいらっしゃいます。

そういう考え方も一くくりに、「熱意が少なめの先生」と言っても差し支えないと思います。

勝負がはっきりつくのが残酷であろうと、稽古が厳しく暑かろうが寒かろうが、それも剣道の一部です。

嫌になったり辛かったり、辞めようかと思いつつ続けてみて初めてわかるものもあります。

良いところだけを知らせるのではなく、剣道が持つ残酷な面も嫌な面もすべてひっくるめてこどもに伝えていき、こどもの人生の一部にしてあげられる先生がいること、

そういう先生が居る団のこどもは、確実に強くなっていきます。

おそらく一番多いのが、「自分の趣味として剣道を続けるためにこどもを預かる」という指導者です。もちろん教わることに感謝はすべきですが、そこで上達しようとするのは難しくなります。

剣道の本質は格闘技ですし、真剣勝負だからこそ学べることがたくさんありますよね。

厳しい面を知らせると剣道が嫌いになるのではないか、と遠慮される先生もいらっしゃるかも知れませんが、それは違います。本当の「好きになる」とは、良い面だけいいとこ取りすることではありません。嫌な面、避けたい面もひっくるめて受け入れていくことで、より深く、より人生の一部に取り入れていくことができます。

勝ち負けには大いにこだわり、厳しいことを乗り越えてこそ得られる充実感もあることを教えるには、指導者側の相当の熱意が必要です。
ただ、入門したばかりの人は、その指導者の熱意がどれほどのものかわからないので、入門する際は入念な下調べが必要になってきます。

▼勝ち負けより基本が大切?

勝つ剣道をしていると将来勝てないくなるってホント?

環境と良き稽古相手や試合の場数を得るには運に頼るしかない?

剣道が精いっぱいできる環境、良き稽古相手、試合の場数などは、これはほとんど所属した団の習慣に基づくものです。

小学生のうちは、環境にほぼ身を委ねるしかありません。

少年剣道で強くなるたった一つの方法

素質的なものを持っている子であればあるほど、試合の場数を踏めば踏むほど上達していきますし、稽古相手を得ればその分上達していきます。

そういった環境を手に入れるには、やはり「強豪道場」に入って鍛えてもらうのがベストです。

ただし、地理的にそうでない場所に居る場合、強豪道場と縁を作るのも大変です。

こればかりは残酷なようですが、生まれた場所、最初に入団した団の特性に任せるしかないようです。

もちろん、個人できることもあります。

それは「良き稽古相手を得る」という部分です。

所属した団で一生懸命やっていて戦績なども上がってくると、そのこどもを慕って入団してくるこどもが必ず出てきます。

指導者の稽古や熱意、試合の場数などを独力で増やすことは難しいですが、「良き稽古相手を得る」ことだけは、かなりの部分、個人の努力で達成できると考えてよいです。

管理人も、最初は二人しかいなかった同学年が頑張っていると、六年生になるころには5人に増えたとか、その子のいる学年だけ10人に増えた、という例を知っています。

誰かが必ず見ていて「一緒に稽古させたい」と思ってくれることを目標に頑張っていきましょう。

良き稽古相手は、指導者の熱意と同じぐらい必要ですよね。

少年剣道は環境が100%とは言っても、稽古相手に関しては個人の努力によって引き寄せることが可能です。
試合の場数なども、個人で参加できる練成会もたくさんありますので、ぜひ積極的に参加してください。

個人でも参加できる練成会一覧

まとめ

こどもをどうやったら強くしてあげられるかに常に頭を悩ませている大人にとって、「環境」の壁が大きく立ちはだかることをしばしば感じることと思います。

それでも、個人でできることもたくさんあります。

特に「合気」や「打って反省打たれて感謝」について追及していくことは、どんな環境でも、どんな稽古相手でもできることです。

剣道は一人ではできない、

自分が上達することは相手を上達させること

お相手に気持ち良い一本を打たせてあげられることなら、今すぐにでも取りかかれます。

環境に恵まれている人もそうでない人も、いつかチャンスが来たら必ずつかめるように頑張っていきましょう。

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

six − 5 =