剣道でてっぺんを目指す費用の目安を知る


みなさんこんにちは!剣道愛好家ごまちゃんです。
主に小学生の保護者の皆さんに向けて、「試合で勝つ」「強くなる」ことを話題に挙げています。
今回のテーマは、少年剣道で強くなるために避けては通れない「費用」について、かなり赤裸々に語ってみたいと思います!

イケメン剣士JHOです。
かなり現実的なテーマですね。でも、剣道を始めるに当たって「どのくらいお金がかかるか不安でした」という保護者のかたも多いです。

素人保護者りゅうかです。
確かに最初はおっかなびっくりだったかも。剣道家でない家庭にとっては、防具一式が一体どのくらい費用がかかるのか、とか全然知りませんし。

でも、このサイトに訪れて読んでくださるかたがたは、どのくらいお金がかかるかなんてよくご存じのような気もしますが・・・

一般的なことは他のサイトにお任せするとして、ここでは、「てっぺんを目指す」系のお金の事情について探ってみたいと思います!

▼当サイトで一番人気のあるカテゴリは以下の二つです!

当サイト「強くなる」カテゴリ記事

当サイト「保護者」カテゴリ記事

↓初めてこのサイトに来られたかたはこちらへ。

てっぺんを目指す剣道100記事までのベスト記事

100~199記事までの人気記事ランキング

日本一を目指すというこどもはこんな子供でした

剣道は初期費用ゼロ!月謝も格安で習い事としては一番お金がかからない

・月謝 1500円

・連盟費 一年間で12000円

・竹刀 1500×4本で6000円

年間 36000円

管理人家庭は、ぶっちゃけた話、初期費用ゼロで剣道を始めました。

道着も袴も団で先輩方が使っていたお古をいただき、防具も歴代の小さくなって使えなくなった防具がたくさんあったので、その中で比較的キレイなものをお借りました。

防具や道着一式は、体が合わなくなったら小さいものから団に寄付しておけば、新入団員が始める際に貸し出ししてあげることができます。

月謝も1500円で、各種習い事よりもかなり費用的には抑えられていますし、試合で別費用がかかることもないので、これだけは言えます。

剣道は、習い事としては一番お金がかからない習い事です。

二年間ぐらい剣道をしていて、試合にも出るようになると、さすがに道着ぐらいは自分で揃えようか、防具を買おうか、という段階になってきます。

防具初心者用 45000円

道着袴一式 15000円

垂れネーム 3000円

ここで大きくお金が必要になります。

初心者から中級者にかけて二年から三年で、10万円もあれば剣道は習えます。

ピアノを買ったりサッカーや野球のクラブチームと比べれば、イメージほどお金はかからないと言えるでしょう。

最初は、いったいどれくらいお金がかかるのか不安でしたが、まずお月謝がさほどでないこと、道具はお借りすることもできるので、全然敷居は高くありませんでした。

でもね・・・
やればやるほどお金がかかりますよ~。

次章からこのサイトのテーマである「てっぺんを目指す」ことに関して挙げていきますので、びっくりしないようにしてください!

▼剣道で日本一になるには

出発点と成功体験

全国のてっぺんを狙う団の場合

てっぺんを取りに行くような団はほぼ毎週末遠征に行きます。

管理人の住んでいる地域の遠征は以下の通り。

関東に年二回~三回、中部に年三回、近畿に年5~6回、九州に月1~2回、県内の試合や自分とこの団が主催する錬成が月に2~3回

遠征では泊りでいくこともありますし、車中泊の場合もあります。

月平均にならしてみると3万程度です。

その中に、移動中の食事代や飲み物代などは入っていません。純粋に剣道だけの費用です。

さらに、団バスを所有していない場合は交通費、指導者のお弁当代その他の雑費が上乗せされ、

月3~5万円、年40万~60万

は遠征費として最低限見ておいたほうがいいでしょう。

※もちろん、遠征先の宿泊費用を入れる場合、その分が上乗せになります。

野球やサッカー、バスケなどでも、クラブに所属して遠征をするとなるとそれぐらい必要ですし、ピアノなどもコンクールを目指すような層は個人レッスンもされているので同じようなものではないでしょうか。

スポ少で習い事としての剣道をする場合、初期費用の年三万円+防具竹刀道着代だけで済みますから、すごい差が出てきます。

月一ぐらいで宿泊込みの遠征をしている団もあります。
てっぺんを目指すとなるとお金かかりますから、覚悟が必要ですね。

▼てっぺんを目指すのに必要なこと

親の覚悟が必要です

中学生から剣道を主とした進学を視野に入れると

小学生はそのまま所属の団に鍛えてもらい、中学からは剣道を主とした私立に進学することを視野に入れる場合と、

さらに高校も強豪校に行く場合など、ここからの費用を計算してみます。

私立に進学

学費年間60万

遠征費年間30万

親元を離れる場合の寮・生活費 月間6万×12か月

年間130万円

剣道留学させている家庭が、「毎年」新車が一台買えるぐらい」と言っていましたが、本当にその程度かかりそうです。

もし戦績がずば抜けている場合、学費・寮費が全額免除になったりする場合もあります。

小耳に挟んだところ、強豪高校では剣道推薦を取る場合、

月間三万円程度一律で寮費・学費・遠征費コミコミ

というのが、「剣道推薦」の一般的な相場のようです。

ただ、強豪高校からこのレベルの推薦枠を得るには、最低でも県や府の中体連個人戦で優勝経験があることが必要のようです。

あるいは、私立高校で剣道部を強化する目的がある場合、全国区の道場出身者であれば月額三万円一律・遠征費学費寮費コミコミのプランが適用されるそうです。

ただし、このような推薦は、道場の館長と私立高校の剣道部顧問との橋渡しが必要だったりするので、道場からの推薦を得るためにもよくコミュニケーションを取っておくのがベストです。

大学推薦になると、強豪高校でレギュラーでなくても部活動を頑張っていた場合私立大学から推薦がくる場合もあるそうです。
あるいは、指導者の出身大学の推薦枠を愛弟子にあげて、受け入れられる例もあります。
剣道で有名選手を輩出し続ける筑波大学は、インターハイで入賞、国体選手に選ばれて優勝などの日本トップクラスの実績があることと、ある程度の成績も必要と聞いています。

筑波大学は国立ですから、成績も必要なのはわかります。あまりにも学力が低くて、大学に入れても卒業できないのも困りますしね。

進学までに相当の実績がある場合、授業料が安くなったり免除されたりもするようです。ただ、そこに至るまでの道のりはかなり険しいので、小学校のうちから相当訓練・投資する必要があります。

▼剣道で強くなるうちにぶつかる壁とは

強くなるうちにぶつかる壁三つ

まとめ

私立中学、私立高校は、自分の学校の特色を打ち出して生徒を集めるため部活動に力を入れる場合があります。

そういうさい、剣道で秀でたものを持つこどもには学費を免除して呼び込み、部活動を盛り上げてもらおうとしていますし、顧問もかなり力を入れてインターハイなどで良い成績を出そうとします。

一方で、推薦を受ける側も求められるレベルをクリアする必要があり、一般入試を経て部活に入ろうとしても門前払いをされてしまいます。

ある強豪高校の学費寮費全額免除を勝ち取ったこどもの保護者は、

「今までの投資の元がようやく取れそうです!」

と言われていました。

剣道を進学の武器にするためには、初期にある程度のお金を投資すること、進学先をよく吟味して活躍できる素地を作っておくことが必要です。

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

sixteen − 7 =