剣道少年の夢を現実にする最大の難関とブーストとは?

January 9, 2020

剣道で勝てる子だけが知っていること▼この記事がただいまランキングトップ

こんにちは!主に剣道少年の保護者に向け全国でてっぺんを取る方法を提案しています。今回はこどもが「日本一になりたい」夢を現実にする具体的な道筋について記事にします。

実はこどもが剣道で日本一になりたいと言うてるんですが、そもそもどうやって全国を目指したらいいのかよくわかりませんでした・・・

剣道で全国を目指す、夢を目指すというのは具体的な方法がわかりにくいですね。ここでは学生時代に日本のてっぺんを取る方法についてある程度の体験を元にお話ししていきます。

「▼当サイトで一番人気のあるカテゴリはコチラです。

当サイト「保護者」カテゴリ記事

↓初めてこのサイトに来られたかたはこちらへ。

てっぺんを目指す剣道100記事までのベスト記事

100~199記事までの人気記事ランキング

日本一を目指すというこどもはこんな子供でした

日本一を目指すのに出発点はさほど関係ない

剣道を始めて最初のころは、みんな向上心に燃えて、いつかはてっぺんを、と思っていたかも知れません。

でも、月日が経つにつれ、だんだんと夢を固定しにくくなっていきます。

剣道には野球の甲子園や、柔道のオリンピックのような夢が持てるはっきりした場所が無いのも原因かも知れません。

でも、夢が持てない最大の原因は、

小学生時代から、全国区のトップ道場とそうでない道場の子供たちの実力の差が開きすぎて、あまりの差に夢が持てなくなる

ことが原因になっているのではないでしょうか。

少年剣道ほど、「稽古量」と「場数」の幅が広い競技も、世の中に無いかも。

365日厳しい稽古を積んで、毎週遠征三昧をしている道場と、週に二日、ゆるやかに稽古をしている道場とでは、試合でものすごい差が着いてしまいます。

さらに、両親が顔の広い指導者だったりして試合に出やすい環境だと、どんどん未知の技を吸収して行ってまた強くなっていきます。

でも、その差を埋める方法が無いわけではありません。

・保護者が剣道について研究を重ね、書籍を読んだり試合をこどもと見に行ったりして、情報量をがむしゃらに増やす

・全国区の剣道を教える道場の門を叩く(出稽古もしくは移籍によって)

これらの工夫で、出発点はどこであろうが全国の景色を追い求めることは可能です。

もちろん、一番の条件は、こども本人が「強くなりたい、日本一になりたい」と強く願うことは絶対に欠かせません。

▼出発点がマイナスでも、成功体験は積み上げられます。

日本一のこどもの育て方~出発点と成功体験

段階ごとの夢を明確に描く

具体的にどのような目標を抱くか、これによって成果は大きく左右されます。

小学生にも「日本一」になるチャンスがいくつかあります。主なものは、

・道場連盟主催の全国大会

・スポ少全国大会

・都道府県対抗剣道大会

が最も目標になりやすいでしょう。

いずれも厳しい予選があります。道場連盟の大会は全県で五つとかの枠があり、県内予選を突破した道場が夏に日本武道館に呼ばれます。

スポ少の大会は、各市でスポ少登録している道場が一堂に会し、選手選考を経て県予選に進んで優勝すれば全国大会に出場できます。

都道府県選抜は、スポ少、道場、教室を問わず、都道府県独自の選抜を得て選手を揃えて九月の大阪での大会に臨みます。

中でも、スポ少と都道府県に関しては、出身道場がどこであろうと選ばれる可能性があるので、よその道場のこどもと切磋琢磨しながら全国大会に参加できるので、成長度が違います!

全国大会に出ると、全国のレベルや受ける風圧のようなものを全身で感じ取ることができます。

もし出ない場合でも、その場に試合を見に行って見学するだけでも得るものは多いです。

▼個人で強くなる方法についてはコチラの記事

個人で強くなる記事5連発

▼目指すべき全国大会をまとめ

目指すべき全国大会はここだ!

まずはともかく「全国大会を見学する」「そこの空気を感じ取る」ことで目標が定まってきます。そうすると、何年後かに必ずここに選手として来る、という具体的な目標になります。

まずは親から「こどもを日本一にする親」になること

最終的にはここに行き着くし、この記事はこれを言いたいがために書いています。

剣道をするのはこどもですし、親は応援するだけなんですが、かといって、こどもは「親の想定外」の望みを持つことはありません。

よく言われることですが、親がサラリーマンだとこどもはまずサラリーマンになります。

親が政治家だと政治家に、お医者さんだとお医者さんになります。

親が想像できる範囲のことしか、こどもは想像できません。

親が大きな望みを持っていると、こどもはその範囲内で精いっぱい自分を広げようとします。

まず親が、こどもが日本一になることを本気で信じること、これが一番大事です。

環境を整え、資金を出して投資することはもちろん、「親の本気度」でこどもはいくらでも化けていきます。

その上で、親も剣道についてできる限り研究し、書籍を読んだり試合を見たり、自分の人生の中にこどもの剣道の比重をできる限り広げることです。

親の中で、こどもの剣道の比重が広がれば広がるほど、こどもはさらに高みを目指していけるようになります。

資金、環境、進路、すべての場面において、親がこどもの剣道が広がる「鍵」を握っていて、その都度次の扉を開いてあげるのは親の仕事です。

親のほうがいつもこどもの一歩先の光景を見続け、そこにこどもが快適に入って行かれるように整えてあげてください。

どんな分野でも、その道のてっぺんを取る人はみんな懐の広い保護者が全力でこどもの応援をしています。まずは保護者から「こどもを日本一にする親」になってください!

まとめ

このサイトは、基本、「小学生の剣道少年少女を持たれる保護者」の中でも「こどもを日本一にしたい保護者が読む記事」を作成しています。

こどもがてっぺんを取るには、親が「こどもがてっぺんを取る」と本気で信じなければならないのです。

多分、これが一番難しいのかも知れません。

こどもの才能以前に、親がどこまでそれを信じることができるか、こどもの夢を現実にする最大の関門でありブーストが、ここにあるのではないでしょうか。

 

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!