剣道における「軸」を意識することによって強くなる方法

こんにちは!ナビゲータの剣道愛好家・ごまちゃんです。今日は「強くなる」シリーズで剣道における「軸」について解説し、強くなる方法を提案していきます。

素人保護者りゅうかです。体幹、とか、軸、という言葉をよく聞きますが、具体的にはどのような感じなのか今一つイメージがつかめません。

イケメン剣士JHOです。ここでは、おそらく今まで誰も言ってこなかったことについて解説していきます。

▼当サイトで一番人気のあるカテゴリはコチラです。

当サイト「保護者」カテゴリ記事

↓初めてこのサイトに来られたかたはこちらへ。

てっぺんを目指す剣道100記事までのベスト記事

100~199記事までの人気記事ランキング

日本一を目指すというこどもはこんな子供でした

剣道の「軸」を乱す一番大きな誤解はコレです

少し異端?というか、それはチガウ的に思われるかも知れませんが、実践的で強い剣士は必ずこうしている、と思われる「軸の作り方」「軸の意識方法」について述べます。

指導者からは常々、右足を前に出したら、左足は素早く引き付けなさい、

と言われると思いますが、この通りやると必ず体の軸がブレてしまいます。

管理人は、世の中の剣士の軸を乱す最も大きな要因は、この「左足を素早く引き付ける」という言葉にあるのではないか、と考えています。

なぜなら、左足は引き付けるものではなく、体を前に押し出すものだからです。

「引き付ける」というと、

・まず体を前に進めることが前提

・その後、後ろにある左足を体に追いつかせないとならない。だから、意識しないと左足が残ってしまって二本目三本目の打突が遅れてしまうので、素早く引き付けなさい

という意味でしょう。

でもこれは、根本的な間違いです。

体を前に出しているのは主に左足であって、左足は体のオマケのように引き付けるものではありません!

まずは、左足は引き付けるものではなく、左足によって体を前に進めることを意識して稽古してみてください。

おそらくそういうふうに意識を切り替えるだけで、ものすごくラクに体が前に進み、連続打ちなどもスムーズに繰り出せるようになります。

▼この記事も参照にしてください

剣道の足さばきを劇的に改善する方法

剣道の軸とは「前後の体重移動」と「竹刀との連動」のこと

通常「軸」というと、回転軸のような動きをイメージすると思います。

でも、剣道で言う「軸」とは、前後に体重移動しつつ姿勢を保ったまま竹刀を振り下ろすことを言います。

体の仕組みについては専門家の人にお任せするとして、ここでは、体重移動と竹刀操作を連動させるコツのみをお伝えします。

上半身をなるべくブレさせないまま体を前に送るためには、まず「左足で体を前に送る」感覚を掴んでください。

左足は引き付けるものではなく、体を前に送るものであり、蹴るのではなくむしろ踵に体重を少し落とすことで体を直線的に前に出すものです。

(ちなみに、蹴る、という動作は体を上に飛ばすものであり、上に飛ぶという動作は剣道では必要ありません)

▼この辺りの詳しい記事はコチラ

剣道の左足は「蹴る」のではなく「踵を踏め」!

その次に「前後の体重移動」と「竹刀動作」を連動させる際には何を意識したらいいかというと、これもちょっと変な表現かも知れませんが、実際こどもたちはこれを告げると劇的に連動がスムーズになります。

それは、竹刀を振り下ろして打突した後に右足で踏み込むこと

です。これを意識するだけで、足さばきと竹刀操作がキレイに連動します。

これも、指導的には違うことを言われているかもしれません。

正面打ちや基本稽古などで踏み込みと竹刀を振り下ろすのは同時か踏み込んだ後で竹刀を振り下ろしなさい、と指導される小学生も多いと思います。

でも、踏み込んだ後竹刀を振り下ろすことは、ものすごく連動を妨げます。

試合中や正面打ちをしているとわかると思いますが、自然な打突では必ず、竹刀を振り下ろした直後に踏み込みが行われています。

そして一番、連動を妨げる稽古は、

右足前、左足後ろで構えた状態からいきなり竹刀を振り上げて正面打ちをする

という稽古です。

「継ぎ足防止」なのか「近間に入られたときの対応のため」の稽古なのか意図は良くはわかりませんが、こういう動きを稽古に取り入れるのは、かなり無理があります。

車は、静止した状態から前に進むときに一番馬力を使います。

自転車は、最初にペダルを踏みこむときが一番不安定で脚力が必要です。

動作の連動に置いても、「静止した状態から左足のみで体を前に送りおまけに竹刀を振り下ろす」稽古をするのは、小学生には特に難しいです。

前に進むスピードを利用して竹刀を振り下ろすことも「継ぎ足」「反動を利用する」として戒められていますが、実際にはどんな剣士も、足を少し継いで体を前に押し出しつつ打突をしていることが大半です。

剣道では「打突時に顎を上げるな」とも言われますが、これも、体重移動と竹刀操作の連動を考えると自然な動きです。顎を上げることによって腕をより前に振り出すことが可能です。

人間の体は、ゆらゆら揺れる背骨に支えられてバランスをとっています。

軸を維持してバランスを取る際に必要な動きを、硬直した精神で、これをやってはいけない、こうすべきだ、と制限することには疑問を感じます。

反動を使うこと、顎を上げてバランスをとること、体を前に送るため「継ぎ足」チックになることに、あまりにも神経質になる必要はない、と管理人は思うのですが、皆さんはどうお考えでしょうか。

なんだか、剣道の一般的な指導とはちょっと離れている記事になってしまいましたね。でも、スムーズで自然な体の動きを追及していく過程で、「あまり制限はないほうがいいのではないか」と感じています。

▼足さばきの重要性についてはコチラの記事で。

剣道で足さばきが大切な理由

つま先は開かないほうが良いのはなぜ?

剣道における「軸」とは、前後に動く際に上半身をブラさないために必要な軸のことです。

ここで大切なのは、「前後の移動」ということであり、剣道的な動きはあまり左右や回転のような動作は必要ありません。

そこで考えて欲しいのが、つま先の向きです。

スケートやスキーは剣道と同じく「踵を踏む」動作によって前に出ます。

スキーの「直滑降」について考えてみましょう。

「直滑降」はスキーの板をまっすぐにして滑り降りるのですが、ものすごいスピードが出ます。

なぜかというと、「進行方向に向かって真っすぐに重心を移動する」ことでスピードを得ることができるからです。

重心移動をスムーズにし、軸を保ったま前に出るには、「つま先が外に開かないこと」(剣道用語的には撞木足にならないこと、と言ったりする)が大切です。

または、ひざの裏のである「ひかがみ」という部分を伸ばして、重心が左右に分散せず推進力を得ることを推奨されたりもします。膝があまり柔らかいと前に出るスピードが殺されてしまうからです。

つま先を外に開かず(ガニ股にならず)、常に進行方向に向かって足を揃えること、ひざの裏を伸ばして(突っ張るのではなく伸ばして)推進力を支えること。

これも意識してみてください。

つま先が開くのは普段の歩き方の癖とかもあると思います。

日常生活からつま先の向きもそろえるようにするといいかも。

アイドル剣士こはるです。
全国大会の個人戦で決勝まで上がったりするこども、男の子なんですけど、ガニ間がどころかむしろ内股なんですよ、体のキレが半端ないのです。

そういえば、県でよく優勝する男子、足が痛いというときは決まって「左足のアキレス腱」なんですよね。
無意識に、「左足の腱で前に出る推進力を得ている」んでしょうね。こういうこどもに「左足の引き付けを速く」というアドバイズはまったく必要ありません。

まとめ

剣道的な軸を維持するさい意識するものをまとめます。

〇剣道では、左足を引き付けるのではなく、左足は体を前に運ぶ足、と意識する。

〇前後の体重移動と竹刀動作の連動は、「竹刀を振り下ろしたあと踏み込む」ことでスムーズにいく。

〇打突時顎を上げまいと意識したり、継ぎ足を絶対しない、という風に硬直した制限を受けず、勢い、反動、遠心力などを自然に取り入れること。

〇つま先をまっすぐおき、ひざの裏を伸ばして前に進みやすくする。

これらを参考に、しっかりした剣道軸を手に入れると、絶対強くなってきます。

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!