剣道で各種強化の監督目線とは?保護者が心得ておくこと

こんにちは!ナビゲータの剣道愛好家・ごまちゃんです。今回はちょっと強化監督の目線を(無断で(笑))お借りして語ってみたいと思います。
各種強化ともなると、いろんな地域からえりすぐりのこどもを集めて選手を鍛え、全国大会などに送り込んでいます。監督さん方はどこを見ているのでしょうか?

素人保護者りゅうかです。
どの子にどんな可能性があるかを見てるんですよね。大きな大会で使える子供は、基礎をきちんと学び、素直で、こどもに運動神経があり、人のために尽くす性格かどうかを見ている?
コチラの記事にありましたよね↓

剣道で強くなる素質①性格について

イケメン剣士JHOです。代表監督が見ているのはそれだけじゃないんです。
実は僕は知ってます。これ、県代表監督の先生がいつもおっしゃられていることですから。
しかも、これらは、こどもだけではなく保護者がまず知っておかなければならないんですよ。

▼当サイトで一番人気のあるカテゴリはコチラです。

当サイト「保護者」カテゴリ記事

↓初めてこのサイトに来られたかたはこちらへ。

てっぺんを目指す剣道100記事までのベスト記事

100~199記事までの人気記事ランキング

日本一を目指すというこどもはこんな子供でした

人と打ち解けるこどもは「合気」を知っている

剣道にはいろんな試合があり、所属の団以外にも、スポ少のメンバー、市代表、県代表のメンバーなど地域をまたいだチームを編成することがあります。

こどもがやっていることだから、親は出る幕がない、と思われるかも知れませんが、そんなことはありません!

知っておくのと知らずに挑むのとではものすごい差が生まれます。

代表選抜ともなると、実力的に差があるわけではありません。

でもそこに、以下で述べるような要素が次々と加味されていきます。

一つ目に、それはものすごく平凡で、なーんだ、と言われるかもしれませんが、メンバーとすぐ打ち解けて親しくなり、友達になれるかどうか、というところを、監督の先生方は注目しています。

共感能力が高い、ということは、「合気」を知っているということであり、自分という軸を持っていることでもあります。

必ずしもリーダーシップを持っている必要はありませんが、同世代の仲間と一緒に居たがり、人と親しくなろうとするこどもは、それだけでいろんな人に目を留められ、自分の世界を広げられる資質を持っています。

つまり、

合同稽古や市や県の強化稽古に行った際は、よその団のこどもとも話をして交流を深めるこどもは、より一層伸びる資質がある

ということです。

ここで少し解説が必要です。

内気で引っ込み思案が良くない、というのではありません!

内気でも、引っ込み思案でも、「外の世界に関心がある」ことは普通に有り得ます。

問題は、表面上明るく見えるようでも「自己完結してしまって外に関心が無い」場合もあり得ます。

これは、他の人に心を開いていない、ということです。

逆に、内気で大人しいようでも、いつも周囲に心を開いているこどももいます。

強化監督はこのような目線を持って、休憩時間などでも子供たちを観察しています。

▼剣道に不可欠な「合気」についてはこちらを参照してください。

小学生に合気を教えるとっておきの方法

剣道の「合気」によって有利になる点三つ

剣道で合気になれるこどもはこんな試合をする

剣道家は「明るさ」「運」といったものに敏感です

すこしスピ系が入る気がしますが、これは、団を運営されたり、長く指導に携わっているかたなら思い当たるでしょう。

こども様子を見て指導者が読み取ろうとするものは、剣道だけではありません。

その子が持っている「明るさ」「運の種類」を、初対面のときから実はひしひしと感じ取っていたりします。

剣道家のかたは、普段から、科学的には説明できないものの、確かに存在する「気」を感じ取り、気の向きを自在に操ろうとしていらっしゃいます。

毎日そのような訓練をしていると、自然に、目に見えない「その子供が持つオーラ」や「明るさ」「持っている運」などが感じ取れるようになったりします。

具体的に、管理人の知っている方は、そのこどもが最初にその団に挨拶をした瞬間、「この子は運を持ってくるこどもだ」と気づいたらしく、即座にメンバーとして受け入れていました。

逆に、素人には感じ取れない部分で、団の代表者が「どうかな」と思った場合、「もっと明るく」「笑って」と言葉をかけたりしているのをしばしば見かけたことがあります。

これは本当に言葉では表現しにくい部分ですが、「運」や「明るさ」といったものに日頃から留意し、慣れ親しんでおくことも、剣道が強くなっていき、各種強化、選抜に選ばれるににおいて必要なのではないでしょうか。

県代表の監督ともなれば、もっとこのようなことを鋭敏に感じていることと思われます。

難しいところは、「明るさ」「持って生まれた運」というものはなかなか自分ではコントロールしにくいものであることです。

▼団体戦で「運気」を左右するポジションはどこ?

次鋒は「勝率」を左右する

 

代表として誰もが納得できる選手の条件とは?

これは、代表を選考するさいだけでなく、代決を出すさいにも同じことが言えます。

誰かが選ばれて、みんなが納得するような選択、というのは結局、

その子が負けても、「あの子が負けたのならしょうがない、納得だ」と思われることです。

これは、剣道の強さだけではありません。

信頼されること、好かれていること、愛されていること、そのようなふんわりしたものの上に、その子の持つ「暖かさ」のようなものが感じられるかどうか、です。

ここで、一つ注意点があります。

剣道がめちゃくちゃ強くて、個人戦などで大活躍するこどもがいたとします。

そういうこどもでも、「暖かさが無い」場合もあります。

特に、県代表などに選ばれるレベルともなると、本当に心しておきたいものが、この「なんとなく応援しづらい雰囲気」を持っているこどもも中には居る、ということです。

これはこどもだけの責任ではありません。

勝負至上主義、利己的に移籍を繰り返す、戦績を残せない人に対して冷淡、このような雰囲気は主にこどもよりも背後にいる保護者に起因することが多いように思われます。

特に、代表を選ぶということになると、実力が拮抗している場合も多いです。

実力がほぼ同じなら、雰囲気が良くて暖かい気持ちになれるこどもを選ぶ、ということもあるでしょう。

あの子のことはなんとなく応援したくなる、という雰囲気が持つには、日頃から心がけが大切です。

勝ち負けは大切だけども、勝利至上主義になって周囲への思いやりを喪わないように、また自分の活躍ばかりを念頭に置かず、チーム全体、仲間を大切にする、気配りをするなどの配慮は、黙っていてもなんとなく周囲は感じ取れるものです。

実力は備わっているのに何となく表に出てこないこども、というのを管理人も複数見てきています。

どうか、こどもの周囲に「温かみがある空気」をまとわせてあげるよう、保護者のかたも配慮してください。

特に選抜チームを組む際には、代表監督が見ているのはその子供だけでなく保護者が日頃どのようにこどもや周囲、剣道そのものと向かい合っているかも重要であるように感じます。

▼勝負に勝ち続けていくさい陥りがちな落とし穴とは?

試合に勝つ側が背負うべき「負の作用」について

各種強化では、いろんな指導者のかたが複合的に、こどもやその周囲に関心を注いで選手を育成しています。
より多くの目が注がれるだけに、そこにごまかしは効きません。日頃の努力や考え方が全部先生方に読み取られているもの、と心得て、日常から心をオープンに、仲間を大切にして精進しましょう。

まとめ

剣道の試合では「市の強化」「スポ少代表」「市選抜」「県代表」など、所属の枠組みを超えたメンバーで試合に出ることもしばしばあります。

こういった試合では、ものすごく強い選手を擁する地域が意外と勝ち抜けなかったり、前評判は今一つでもチームワークが素晴らしい地域が次々と勝ち上がり優勝して、周囲を驚かせたりします。

強化稽古や選手選抜においては剣道は嘘をつきませんし、自分の日頃からの考え方や剣道に対する向き合い方がすべてそこにぶっ込まれ、試される場所でもあります。

人に対して心を開き、明るい気持ちで運を高め、人に応援される選手になるには、こどもだけでなく保護者の考え方も反映されます。

少年剣士のお子さんを持たれ、各種強化でしのぎを削っている保護者の方はぜひ参考にしてください。

皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、ほぼ毎日記事を更新しています。
イラストは無料画像オンリーたまに自作です!

保護者

Posted by 管理者